nintendogs

nintendogs

『nintendogs』は2004年にDS用として、
任天堂から発売されました。

世界中でヒットしてますから言うまでもないですが、
犬を飼うゲームですね。



『nintendogs』には、異なる3つのパッケージがありました。
中身は一緒なのでどれを選ぶかはお好みとなり、
私は柴犬が描かれたものにしました。
柴犬の子犬は特に大好きなんでね。

ジャンルはコミュニケーションソフトと言われることが多いし、
その方が分かりやすいのでそれで良いとも思いますが、
昔からの区分に無理やり当てはめるならADVになるのでしょうね。
ノベル世代にはこれをADVって言われると違和感があるでしょうが、
こういうあちこちクリックして反応を楽しむものが、
昔はADVの1ジャンルとしてたくさんありましたから。

本作の場合は少々変則的ではありますが、
キャラとのやり取りを楽しむっていう本質は一緒ですから、
従来の表現を用いるのならやっぱりADVなのでしょう。
まぁ面倒くさいから、3文字とかって字数制限が無い場合には、
普通にコミュニケーションソフトで全く問題ないでしょうけど。

ゲームはタッチペンを用いて撫でたり散歩してやったりするのですが、
とにかく可愛かったですね。
プレイ中はリアルタイムで進行しますので、
時間が経つとお腹も減りますし体も汚れてきます。

こういうリアルタイム要素のあるコミュニケーション系は、
前々から携帯機に向いていると思っていました。
一応昔はPCゲームでもありましたが、
こちらも1日中PCの前にもいるわけにもいきませんし、
ゲームの性質上ずっとプレイするのにも向いていません。
だからPCとか家庭用据え置き機よりも、
携帯できて合間にちょこっとできる機種の方が向いているんですよね。

当初私の念頭にあったのは女の子との触れ合いでしたが、
それがワンちゃんの形で実現するとはね。
その点はちょっと意外でしたが、やっぱりこういうのは携帯機には向いています。

ワンちゃんは世話をすることで芸も覚えますし、
簡易的ですが育成ゲーム的な要素もあります。
ただ、この部分は作りこみも浅く、従的なオマケのような感じでしょうね。
あまり育成部分に期待してしまうと、
物足りなく感じてしまうおそれがあります。
基本的には触れ合いを楽しむゲームなんだと、
その上で世話したご褒美にちょっと芸も増えていくと、
そう理解しておいた方が良いのでしょう。

まだまだ足りない部分も多いので、
某所での満点は高すぎと感じた方もおられると思いますが、
それでも名作であることに間違いはないでしょうね。

ランク:A-(名作)



関連するタグ 携帯機 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1391-2ddd06c9
| ホームへ戻る |