シンフォニック=レイン

シンフォニック=レイン

『シンフォニック=レイン』は2004年にWIN用として、
工画堂スタジオから発売されました。

製作はくろねこさんちーむになります。

ゲームジャンル:ADV

シンフォニック=レイン愛蔵版

一応の位置付けとしては、『エンジェリック・コンサート』と
『AS~エンジェリックセレナーデ』に続く、
工画堂スタジオミュージックアドベンチャーシリーズの
第三弾になるでしょうか。

もっとも前回までとは異なり、
今回はミュージックアクションパートはとばせます。
より純粋なノベルゲームっぽくなったわけであり、
そういうミニゲームっぽいのが苦手な人でも、
本作は楽しむことができるでしょう。
まぁ、つまりは私のようなヘタレ向きになったわけですが、
この変更は個人的には嬉しくても、作品全体としてはどうなんでしょうか。
物語とゲーム部分をつなぐ架け橋がミュージックパートであり、
それが他のノベルゲーとの違いでもあったわけで、
その違いの部分が薄れると他のノベルゲーと変わりなくなってしまいます。
そう考えるとオリジナリティというか、
存在意義みたいなのは弱まったという見方もありえるでしょうね。

さて、従来のウリ(?)だったアクションパートが強制で無くなった分、
本作ではストーリーが強調されています。
伏線の張られたストーリーや丁寧な描写が、
本作の最大の特徴と言えるのでしょう。

このストーリー部分は、世間での評判は結構良いようです。
しかし、これがとにかく地味なわけでして。
キャラも淡白だし、流れ的にも非常に淡々と進みます。
グラフィック面での変化も乏しいことと相まって、
あの緩急も起伏もないだらだら続く日常パートは、
私にはとにかく眠かったです。
あれでボリュームを半分以下に抑えてくれれば、
少しは印象も違ったんでしょうけど…
無駄に長すぎでしたね。
こういう平坦な日常パートって近年のゲームは多いので、
そういうのが一向に平気な人は大丈夫なんでしょう。
でも、本作は他のゲームに輪をかけて淡々としているので、
少しでも苦手意識がある人にはつらいかもしれません。

オチやラストはそれなりに纏めてはきているのでしょうが、
途中でだれただけにインパクトが薄れてしまいました。
それと、鬱って評判のわりには大したことがないような…
言葉は悪いかもしれませんが所詮は一般ゲーであり、
一般ゲーの鬱レベルはこんなもんなのかなと。
アダルトゲームの本当に鬱なのに比べると、
衝撃度は数段劣るように思えるのですよ。

まぁ、それでも1つの作品としてきっちり纏めてきてあるのは確かですし、
ストーリーというかオチはシリーズ過去作より上なわけで、
最後さえ良ければOKな人には本作は向いているのでしょう。
岡崎律子さんの遺作となった点でも意味があるかと思います。
とはいえ、テーマとゲームとの融合性とかは過去作の方が優れてましたし、
ゲーム全体では足りない面もかなり多かったように思いますので、
総合では佳作ってところでしょうか。

工画堂スタジオのゲームはわりと好きなゲームも多いですし、
今回のライターはMMMシリーズの人なので凄く期待したのですが、
期待のわりにはとても残念な結果に終わってしまった感じでした。
(MMMBのようなストーリーでパワードールみたいなゲーム性があれば、
文句なしだったんですけどね…)
唯一の救いは工画堂スタジオが複数のラインを持っていることでしょうね。
1つだけだと、売れた路線にそのままのっかってしまうケースがあり、
従来の路線の好きな人が締め出されてしまうおそれがあります。
例えば調教SLGを作らなくなったセレンとかのようにね。
でも工画堂スタジオは「~ちーむ」って形で別々になっているので、
以後もストーリーだけのノベルゲーだけに特化する真似はしていません。
そこら辺がトップにはならずとも、
80年代から長く続けられてきたブランドの強さなのかもしれませんね。

ランク:C-(佳作)

シンフォニック=レイン愛蔵版

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/139-a4b02888
| ホームへ戻る |