ヴァンパイアストーリー

ヴァンパイアストーリー

『ヴァンパイア ストーリー』は2009年にWIN用として、
サイバーフロントから発売されました。

オリジナルの『A Vampyre Story』は2008年の発売で、
本作はそれの日本語版になりますね。

ゲームジャンル:ポイント&クリック式ADV
ヴァンパイア ストーリー

海外のポイント&クリック式(P&C)のADVが日本語化されるのは、
本当に久しぶりですよね。
今ではすっかりこの類のゲームは減ってしまったので、
発売されるだけでも感激ものですよ。

しかも制作したBill Tillerは過去にルーカスアーツの、
『The Dig』と『The Curse of Monkey Island』の制作にも関っているとか。
どっちも既に記事で書いていますが、名作でしたからね。
当然期待もしたくなるってものです。

さて、肝心のゲームですが、キャラクターがデフォルメ化されています。
プレイ前にはその辺が気に入らなかったのですが、
予想に反してと言ったら失礼かもしれませんが、
プレイして一番の魅力だと感じたのはグラフィック関連でした。

パッケージには手書き調のグラフィック表現による美しい世界とありますが、
独特のキャラクターは良く動くし、背景も細かい部分が良く動いていました。
見ているだけでも楽しめる感じで、
こういうところは国産のADVも見習って欲しいなと思いましたね。

ストーリーは凄く感動するとか重厚長大な大作という路線ではありません。
こじんまりとしたコメディタッチの作品ですので、
大作を期待すると物足りないかもしれませんね。
基本的な内容は個性的なキャラたちとの会話を楽しむって感じなので、
そういう作品が好きな人向けと言えるでしょう。
良くも悪くもルーカスアーツっぽい作りなので、
あちらでは人気が出やすい構造なのかなと。
それは逆に、日本でのヒットとは遠いことを意味してしまうのでしょうけれど。

私の好みとは少しズレますが、
主人公をはじめキャラは良い味を出しているし、
テンポの良い会話がなされるので、プレイ中は楽しかったです。
グラフィックと相まって、
非常に雰囲気の良い優しさを感じさせてくれる作品と言えるかと思いますね。

システムはポイント&クリック(P&C)式のADV。
クリックした後にコマンドを選ぶので、
これはルーカスアーツでよく用いられていた形式を、
今回も採用していると言えるでしょう。

P&C式のADVはどこをクリックしたら良いか分からないってことが、
プレイ中に多々あります。
しかし、本作はTABボタンでクリックできるところが表示されるので、
そういう心配は皆無でした。

攻略もそれ程難しくないし、
本作はP&C式としては簡単な部類に属するかと思います。
また、移動のショートカットもちゃんとできるので、
ストレスなく遊ぶこともできるでしょう。

ただ、全てがストレス軽減の方向に作られており、
面白さを追求する方向で作られていないので、
これでシステムの良さを理解してもらえるのかは、
少々疑問も残ります。

総じて、易しめでかつ丁寧に作られている作品という印象でした。
最近はP&C式に馴染みのない人も増えているかとは思いますが、
そういう人でも安心してプレイできるのではないでしょうか。

かように、初心者でも楽しめるのは良いことでしょう。
しかしその反面、コアなP&C式のファンには、
若干物足りないのではないかとも思います。
クリアに要する時間も謎解きに要する時間次第で変わってはきますが、
全体的なボリューム的にも少なめでしたしね。

そうですね~本作は確かに高い品質で制作されています。
丁寧に作られているので安心してプレイできますしね。
しかし、過去の傑作たちに並びうるほど凄いとも思えないんですよね。
世界中で数々の賞を受賞したみたいですが、
ADVが不作で対抗馬がいなかったからとも言えるのではないでしょうか。

無難に手堅く纏まっているけど、明確な特徴がない。
しかも、本作は1作では終わらず、次に繋がる終わり方です。
本当に久しぶりの海外ADVの翻訳物で応援したくはあるのですが、
総合的にはかなり好意的に解釈してみても良作止まり、
個人的には物足りなさも残ることから佳作としておきます。

本作はむしろ、P&C式ADVって何それって感じの初心者にこそ
遊んでもらいたいかと思います。
典型的なP&C式ADVの面白さは十分に詰まっていますからね。
これをプレイして、一人でも多くのP&C式ADVのファンが増えて欲しいものです。

ランク:C(佳作)

ヴァンパイア ストーリー

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1389-a83aab5d
| ホームへ戻る |