ドアドア

ドアドア

『ドアドア』(Door Door)は1983年にPC-88用として、
当時のENIXから発売されたアクションゲームです。

85年にはファミコン版が発売されてますので、
そちらの方で知っている人が多いんじゃないでしょうか。

ドアドア

このゲームはモンスターを閉じ込めるのが目的で、
プレイヤーはドアの開け閉めとジャンプしか出来ません。

すっごくシンプルなんですよね。
シンプルなんだけれど、これがまた凄くよく出来ていたわけでして。
一時期、私も中毒のようにかなりはまったものです。
まぁ、いつものことですが私はアクションはド下手なので、
ちっとも面が進みませんでしたけどねw

本作はオリジナリティとクオリティの両方をみたした、
数少ない成功作の1つと言えるでしょう。

かようにゲーム性の面では素晴らしい内容だったわけですが、
このゲームはそれだけではありません。
グラフィック能力が乏しい時代のわりには秀逸で可愛いらしいキャラや、
一度聞いたら忘れないサウンドもあったからこそ、
今日への評価に繋がったんでしょうね。
ってか、あの中毒性の高いBGMは、
個人的には80年代屈指の出来だと思います。

ご存知の人も多いかとは思いますが、
『ドアドア』はチュンソフトの中村光一さんの出世作で、
エニックス主催の「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」で
優秀プログラム賞(準優勝)を受賞しています。

このゲームは当時としてはずば抜けた出来だったし、
これがあったからこそPCゲームとENIXの繁栄に繋がった…
というのはさすがに言い過ぎかもしれませんが、
それくらい良い出来だったのも確かです。

中村さんはその後も多くの素晴らしい作品を作っていきますが、
時代も考えればこれこそが最高傑作なんじゃないかなって、
個人的には思ったりもしています。

ドアドア



関連するタグ PC88 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1387-3da9eb59
| ホームへ戻る |