ロケットの夏

ロケットの夏

『ロケットの夏』は2002年にWIN用として、
TerraLunarから発売されました。

内容的にはロケットを題材に扱った、SF風のジュブナイルになりますね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
月面基地前プレミアムBOX ロケットの夏編

<概要>


かつてその街には
「ロケットの夏」という季節があった。
幼い頃、自作ロケットに熱中していた主人公「真幌高志」は、
今ではかつての想いを失い、惰性のような日々を過ごしていた。
けれどロケット好きの転校生「千星(ちせ)」との出会いで、
高志は忘れたいた何かを取り戻してゆく。
そして、幼馴染の「歩(あゆむ)」や担任のアンドロイド教師「はるひ」、宇宙からやって来た小さな姫君「セレン」と
その従者の「ベルチア」らと共に、
ロケット競技大会「50マイルズオーヴァー」を目指して、
有人ロケットの製作を開始するのだった!

<感想>


このゲーム、とにかく雰囲気が良かったです。
序盤から終盤にかけて絶えず一定のレベルを保っていて、
すんなりと最後まで楽しめました。

本来ならそれが特別な意味を持つことはないのですが、
2002年は途中は凄く良いのに最後が致命的に駄目だとか、
逆に最後だけは良いけどそれまでが致命的に駄目だとか、
そんな極端な傾向のゲームが非常に多かったものでして。
それだけに、逆に印象的に感じたりしたものです。

ただ、その上で名作かと聞かれると、
これはこれで難しいなとも思うわけでして。
つまり、これといった粗もないのだけれど、
長所という長所もないんですよ。

確かに雰囲気は良いけど記憶に残るキャラはいませんでしたし、
ストーリーも最後の詰めが甘い感じでしたしね。
音声がないのもマイナスではないにしても、
若干の物足りなさにはつながってしまいますしね。

<総合>


期待しないでプレイすると結構楽しめちゃうのですが、
期待しすぎると物足りなく感じてしまう、
典型的な良作パターンのゲームってところでしょうか。
そういうわけで、総合でも良作としておきたいと思います。

何か尖った作品を求める人には向いていないでしょうが、
基本的には万人向けのゲームだと思いますので、
堅実に楽しみたいって人なら十分満足できるのではないでしょうか。
特に2002年のノベルの中ではかなり良い方だと思いますね。

ランク:B-(良作)

月面基地前プレミアムBOX ロケットの夏編

DL版(フルボイス・リメイク版)
ロケットの夏 dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1386-b3f3e8e3
| ホームへ戻る |