SEEK ~地下室の雌奴隷達~

SEEK ~地下室の雌奴隷達~

『SEEK ~地下室の雌奴隷達~』は、
1995年にPC-98用としてPILから発売されました。

SM調教SLGを確立し新しい方向を切り開いた作品でした。

SEEK01.jpg

<感想>


近年、調教SLGはめっきり減ってしまいましたね。
調教SLGは簡単に言ってしまえば、育成SLGのアダルト版でしょうか。

以前、どこだかでこんなやり取りを見かけた記憶があります。
育成SLGと調教SLGの違いって何?って質問があって、
こういう答えでした。
育成SLGは、対象に成長の意欲があるもの。
調教SLGは、対象に成長の意欲がないもの。

なるほど~って思いましたよ。
少なくとも、18禁のラベルの有無で決めるより説得力がある気がします。

その調教SLG。
一般に元祖と言われているのが、『SEEK』です。
(因みに、18禁の育成SLGであればサティアがあります。)

通常、元祖といわれる作品の多くは発想は良いけど、
作りこみが甘かったりします。
で、後年に作りこまれた別の名作が出てくると。

しかし調教SLG自体が育成SLGの亜種ってこともあり、
元祖ながらにして『SEEK』は抜群の完成度をほこっていました。

『SEEK』でのゲームの形が今日の調教SLGの基礎になっていることは、
疑う余地がないでしょう。
私が最も評価している『虜』にしても、
ゲーム部分に関しては『SEEK』があってこそと考えますし。
調教SLGで独自路線というか画期的だと言えるのは、
せいぜい『DEEP』のマトリックスくらいなものでしょう。

そういうわけで、その後の調教ゲームに深く影響している『SEEK』は、
調教SLGにおけるユダヤ教みたいなものであり、
今尚その存在感は大きいのだと思うのです。

ということで大雑把な位置付けは分かったと思いますが、
実は若干ミスリードも含まれていました。
正確には既に調教SLGと呼べるものがありましたから、
厳密な意味での元祖ではないのでしょう。
少し早く発売された『禁忌』なんかもそうですし、
そもそも『SEEK』を作った田所さんはPILの前にアイデスにいて、
そこで短編で調教SLGを作っているんですね。
だからそこでの発想をフルプライスレベルにまで引き上げつつ、
SM調教SLGへと昇華させたということなのでしょう。

だから厳密には決して元祖ではないのですが、
そもそも調教SLG自体が育成SLGの亜種ですので、
あまり元祖か否かって点には意味はないのかもしれません。
そんなの関係なしに、以後のゲームが『SEEK』の体裁を模倣した作品が多いことや、
『SEEK』のヒットに続き他社から幾つも調教SLGが出てきたことから、
実質的にジャンルを確立したとは言えるのでしょうけどね。

それより、多くのプレイヤーに衝撃を与えたのは、
これが初の本格的なSMソフトだってことではないでしょうか。
SMを扱った作品はそれまでにもあることはあったんだろけど、
ここまで徹底的に拘った作品は皆無でしたからね。

・・・むしろ、こっちか。
書いてて思い出してきた。
確か「本格的なSM調教SLGとしては初」って紹介されていたのに、
私も含めつい「SM」部分を省略してしまい、
調教SLGの元祖と書かれることが増えたと。
本当に大事なのは育成SLGのシステムにSM要素、
つまりアダルトな要素を密接不可分のものとして融合させ、
調教SLGとして再構成させたことなのでしょうね。

昔の『カオスエンジェルズ』とかと一緒です。
『カオスエンジェルズ』だって元祖っぽく語られやすいですが、
アダルトRPGはそれ以前にもありました。
でも、普通のRPGにエロCGをオマケでくっつけたのではなく、
アダルト要素がRPGと密接不可分に融合されたから、
新しいタイプのアダルトなRPGとして評価されたのですし。

こうしてその斬新さ・完成度の高さで一部では高い人気を得たものの、
内容が内容だから、当然引く人も結構いたでしょう。
ってか、音楽が秀逸なのは良いとして、
グラフィックも淫靡でエロイのはわかるんですが、
あそこまで濃いとそれだけで引く人多くないですかね?
正直、自分はSMにはあんまり興味がないので、
それほどのめり込むって感じではなかったですし。

本音を言うとね、私はこの作品がそんなに好きではないのですよ。
絵が駄目なのです。
ただ文章では好きだ嫌いだはいろいろ書いていますが、
いつも自分の好みと評価は一致していません。
好きでも単に好みだけだったら良作でとまってしまいますし、
逆に嫌いでも凄いと思えば評価したくなる。
『SEEK』は後者に属する作品で、製作者の意気込みや熱意は伝わってきたし、
その意義を考え直す度に凄いよなって素直に思えてくるから、
評価せざるを得ないのです。

そして好みは別として冷静に見てみれば、
全ての面でバランスの取れた優れた作品だったというのは、
プレイすればすぐにわかるでしょう。

今となっては古い作品ではあるけれど、
それでもそのゲーム性やSMの拘りに翳りは見えません。
そういう意味で、今尚価値は損なわれていないのではないでしょうか。

ランク:A(名作)

SEEK

DL版
SEEK dl

関連するタグ PC98 /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1383-7db951bd
| ホームへ戻る |