『雫』は1996年にPC-98用として、
leafから発売されました。

ジャンルはノベル系のADV。
内容は電波物になりますね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ここ数日の間、僕は不思議などろりとした時間の中を漂っていた。
毎日同じ時間が同じ映像で繰り返されているような…
そんな奇妙な錯覚を覚えている。
代わり映えのないくだらない毎日の連続。
やがていつの頃からか、僕はこの退屈な世界から、
すべての音と色彩が失われてしまっていることに気付く。
僕はつまらない現実を離れ、
徐々に狂気の世界へ足を踏み入れようとしていた…。
そんな僕のクラスで、ある日の授業中、ひとりの女生徒がおかしくなった。
彼女は機械のようなまっすぐな姿勢で席から立ち上がると、突然、
大きな声で淫猥な言葉を叫びだし、教師が無理矢理その口を押さえる頃には、
彼女の顔は自らの爪が刻んだ生傷で血だらけになっていた。
クラス中の生徒達が息を飲んで見守るなか、鮮血の赤を見つめていた僕は、
現実世界がゆっくりと色を取り戻していくのを感じていた…。

<感想>


いつの時代にも、「にわか」とか初心者はいますし、
作品としても初心者受けしやすい作品というものがありますが、
本作もそういう作品だったのでしょうね。
だからなのか、過去のアダルトゲームの知識が皆無で、
本作の知識だけで本作を特別視して権威付けしようとする人がいて、
作品というよりも信者に疑問を持ってしまう作品でもあります。

まずゲームデザインに対してなのですが、
最近はノベルゲーム=ビジュアルノベルみたいに勘違いする人がいて、
それでビジュアルノベルという言葉を最初に用いた本作を、
アダルトゲームにおけるノベルゲーの元祖と勘違いする人がいます。

しかし、ジャンル名にノベルと用いた作品、
紙芝居みたいだとか、ゲームブック風だと評された作品、
実質的に今のノベルゲームと同じ構造の作品などは、
実際には80年代から幾つも発売されているのです。
もっとも、当時はPCを持っている人は少なかったので、
ノベルゲーへの理解度・知名度は低く、
国民機であるSFCで『弟切草』が出ることで、
ようやく浸透し始めたという感じなんですけどね。
いずれにしろ、ノベルゲームは80年代からノベルゲームは存在しており、
本作が元祖ということは絶対にありえません。
本作を元祖と評するのは、あまりに知識がなさすぎです。

ただ、ノベルゲームというジャンルの中でも、
細かく見れば幾つかに細分化することができます。
そこで画面全体をテキストで覆うビジュアルノベルを、
ノベルゲームの中の一つのジャンルとして挙げることはできるのでしょう。
尚、当時も、ノベルゲームはいろいろあるけれど、
その中で画面全体を文字で覆うタイプがVNであると、
そういう風に説明されていたはずなんですけどね。
それが論壇だか何だか、シナリオしか興味のない輩が出てきて、
ノベルゲームとビジュアルノベルの区別もできずにごっちゃに扱い、
それで後に勘違いする人を生み出していったと。
何とも、迷惑な話です。

さて、そのビジュアルノベルとしてなのですが、
画面の上部から下部までテキストで覆うという、
ビジュアルノベルの思想を具現化した作品としては、
『メッセンジャーフロムダークナイト』(1995)が先でして。
だから内容的に、ビジュアルノベルとしても最初と呼べないのでしょう。

それとね、高橋さんのシナリオが凄かった、
その影響を受けてライターになった人もいた、
だから『雫』の影響力を認めるべきだというのならば、
私は否定しません。
つまり、シナリオ上の影響力あるという趣旨で語るならば、
それに対しては否定しないということですね。
しかし、それはあくまでも、シナリオ上の影響力という観点からは、
異論を挟まないということでしかありません。
『雫』から派生してビジュアルノベルの時代へみたいに語る人もいますが、
ゲームジャンルとしてのビジュアルノベルの時代なんて、
一度も存在しないのですよ。
高橋さんの影響を受けたと述べるライターの作品にしても、
葉鍵の一角であるKeyの作品にしても、
ほとんどはノベルゲームではあってもビジュアルノベルではないです。
それにビジュアルノベルとその後に普及したノベルとでは、
設計思想が異なります。
だからリーフによってノベルゲーが普及したという事実はないのです。
ちょうど古参が去りつつ他方でリーフに勢いがあったときに、
ネットも普及し始めましたからね。
それで信者が好き勝手に歴史を改竄して嘘をでっち上げ、
それを後の若者が真に受けて信じ込んだりもしているようですけどね。

それから、サウンドノベルからビジュアルノベルという、
ゲームデザイン上の影響の話をしていたはずなのに、
いつの間にかシナリオ上の影響の話に論点をすり替えたり、
高橋さんのシナリオ上の影響の話をしていたのに、
そこからゲームデザイン上の影響力の話に論点をすり替えたりするから、
私は葉信者の論理が破綻した権威付けが嫌いなのです。
まぁ、それもこれも、シナリオやキャラにしか興味がなく、
ゲームジャンルに対する理解が乏しく、
ごっちゃに混ぜて考えていることが原因なのでしょうね。

少し話がそれてしまいましたが、そもそも、
クリックで読み進めながら選択肢で分岐するという構造の作品であっても、
その中でテキストや絵の表示方法は幾つも考えることができます。
80年代から90年代半ばにかけて各社がいろいろ工夫する中で、
安易にサウンドノベルを模倣し、
テキストとキャラの絵を重ねてきたのがビジュアルノベルでして。
当時流行っていたサウンドノベルに似ているということで、
それで注目度は上がったのだけれど、
キャラ絵が大事なアダルトゲームで、
キャラを文字が隠してしまうこの形式は馬鹿だよねと、
結局は一度も主流になることなくすぐに廃れましたからね。
つまり形式面では奇をてらっただけで、何も新しいことはないのですよ。

内容的には、電波物という点はこの当時珍しかったので、
その点は一応評価に値するかとは思います。
ただ、エロゲ的に珍しいだけで、
根本的にあまり面白いとも思えませんでした。
そもそも、このゲームにはパクリ疑惑もあったわけでして。
信者に言わせれば細部は異なるということなので、
パクリではないとしましょう。
でも、異なる部分は独自に評価なされるべきだとしても、
流用部分は評価に値しないでしょう。
そして電波な内容としてユーザーにインパクトを与えた肝心な部分は、
他からの流用なのです。
となると、良かった部分は流用部分であり、
肝心な部分が評価できないのですから、
全体としての評価も伸びません。
というわけで、個人的にはどうしても辛く評価せざるをえません。

何というか、シナリオ重視と称しつつ、
ライター独自の世界観や設定などは皆無であり、
その実態はアダルトゲーマーに馴染みのなさそうな、
あまり知られていなそうな分野から設定を借用してくる程度のもの。
それをちょこっと弄れば、後はそれを知らないユーザーが支持してくれる。
一時期、シナリオ重視という名の幻想がまかり通った時期がありましたが、
その実態は他所からの単なる流用だったりするわけで、
そんなのが支持された時代でもあったんですよね。
そうした悪い流れ生み出した元凶はこの作品辺りからなのかもしれませんね。

まぁ内容に関しては、個人によって印象も変わりますからね。
仮に内容は良かったのだとしても、褒めるのはシナリオが良かったのだと、
その内容だけを褒めるべきなのでしょう。
ゲームデザインに関しては、上記のように既に実質的なノベルゲーはあり、
また「ノベル」と名付けた作品もあるわけで、
本作によってノベルが誕生したというのは明らかな間違いでしかありません。
本作により新ジャンルが誕生したように言う人って皆、
それ以前の過去の作品を全く知らないような人ばかりですからね。
そういう当時のニワカ初心者ゲーマーが支持したのが、
リーフ作品ということなのでしょうね。

<総合>


好みは人それぞれで私には合わなかったのですが、それでも『TO HEART』は、
売上という客観的な実績が伴った作品ではあったのでしょう。

シナリオ面の質の担保というか、
リーフへの信頼の根拠としては『痕』があります。
売れたのは『TO HEART』だしライト層は『TO HEART』を支持するけど、
コアなファンは『痕』を高く評価してましたからね。

でも、『雫』には何もないですね。
リーフの場合1年の間にノベルを3作品だしたから3作品セットで扱われ、
先駆けたる『雫』に先例的価値を認めたくなるんでしょうけどね。
もし『痕』と『TO HEART』がなければ、
『MFD』同様にすぐに忘れ去られたでしょう。
まぁ、二次創作関連の人には早くから支持されていたので、
現代的萌えゲーの始祖的な観点から、
キャラゲーの元祖みたいな感じで位置付けるのであれば、
その趣旨で書かれた文章に対しては、私は賛同するように思います。
しかし、過去の優れたストーリーの作品を知らないくせに、
本作だけをプレイして、
それでここからシナリオゲーが始まったみたいに語るのに対してだけは、
仮に本作を褒めることは構わないとしても、
だからと言って勝手に過去の作品まで知らずに貶すなよと、
どうしても反発してしまいたくなりますね。
その手の信者が好む書籍の中で、
過去の作品は知らないけれど、どうせ糞に違いないみたいに、
勝手に決めつけるコラムがありましたが、
それを書く人にも、それを読んで違和感を覚えない人にも、
私は全く信用ができないです。

ランク:D-(凡作)

ダウンロード版
痕 dl

関連するタグ PC98 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1381-09c93402
| ホームへ戻る |