ゆうわくオフィス恋愛課

ゆうわくオフィス恋愛課

『ゆうわくオフィス恋愛課』は1998年にPS用として、
タカラから発売されました。

恋愛ゲーの中では比較的珍しい、大人を対象とした作品でしたね。

ゆうわくオフィス恋愛課

ジャンルは恋愛を題材に扱った育成SLGで、
今は逆に数が減ってしまっているものの、
この当時は一杯あった類のゲームですね。
ジャンル的な目新しさはないですし、
ゲームの完成度もあまり高くありませんでした。
なので、基礎値としてはあまり高くないでしょう。

ただ、注目すべき点も幾つかあって、
それが人によってはかなり高ポイントにもつながりうるわけでして。
つまりは、人をかなり選ぶゲームってわけですね。

特徴の1点目は大人向けっぽいことです。
主人公は玩具会社の新入社員なので、攻略対象も多くがOLになります。
そういうゲームはあまりありませんので、
それだけでプラスになりうる人もいるでしょう。

まぁ、こんな会社あるかいってことで、
本当の社会人に向いてるとも思えないのですけどね。
あまり深く考えずに、
大人の女性を攻略するゲームがしたいって人向けってことですね。

家庭用ゲーム機なのでCGとかはありませんが、
段階を踏んでベッドイン的な描写もあり、
それで話題になった作品でもありました。
なので、妄想を膨らますことが好きな人もいけるかと思います。

2点目は原画が林家志弦さんということです。
これはもう完全な好みの問題でしょうが、
古くからPCでゲームを手がけていた人ですし、
古参ユーザーで熱狂的なファンの多い人でもあります。
正直なところ、本作に限ってはかつて程の良い絵とも思えなかったのですが、
ファンなら高ポイントにつながる可能性は秘めているかと思います。

3点目は声優さんですね。
これは私の好みになってしまうのですが、
荒木香恵、南央美、岡本麻弥、桑島法子・・・って感じで、
当時かなり人気だった声優が使われていますし、
結構豪華だったように思います。
これまたツボにはまれば高ポイントが期待できるでしょう。

というわけで、この3点ですね。
ここでどれだけ稼げたかで、ゲームに対する印象もガラリと変わるでしょう。
個人的には、プレイ前は林家志弦さんの絵で好きな声優がしゃべり、
しかも大人向けのゲームってことで期待値も高かったんですけどね。
どうにもはまりきれないというか、中途半端な印象が残ってしまいました。
それなりには楽しめたので佳作としておきますが、
せっかくの素材が活かしきれていないようで惜しい作品でしたね。

ランク:C-(佳作)

ゆうわくオフィス恋愛課

関連するタグ PS /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1380-aff57cb5
| ホームへ戻る |