大番長 Big Bang Age

大番長 Big Bang Age

『大番長-Big Bang Age-』は2003年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

大~シリーズの2作目になります。

ゲームジャンル:戦略SLG+ADV

大番長 廉価版

地域制圧型SLGとありますが、
戦略SLG+ADVと捉えた方が良いでしょうね。
基本は戦略SLGなのですが、それにいろんなキャラとのフラグを立てつつ、
膨大な数のイベントをこなしていくことになります。
SLGとあるからSLG的側面だけに注目すると一般PCゲーのSLGより劣りますが、
そこにADV的側面が加わることで格段にゲーム性が増しているのです。

まぁ、細かいシステム面はOHPでも見ていただいた方が早いでしょう。
ただ、本作は端的に言えば、
『鬼畜王ランス』や『大悪司』の流れを組む作品です。
良く言えば後継作なのですが、悪く言えば似たような作品なわけです。
その分インパクトがなくなり、
『大悪司』とかが好きな人には物足りなかったでしょうし、
どうしても1ランクは下に見てしまうかと思われます。

しかし、本作は単なる劣化コピーではありません。
これまで付いてなかった音声が付いたことは、
多くの人にとってプラスに作用するでしょう。

また『大悪司』は陵辱要素が強いので、
そういうのが苦手な人には遊び辛かったかと思います。
しかし本作は恋愛中心になっていますので、
『大悪司』が苦手な人でも安心して遊べるようになりました。

もっとも、私のように『大悪司』の陵辱要素を評価している人には、
本作は生ぬるくなった感じで物足りなくもありました。
ここは、好みで評価が分かれる部分でもあるでしょうね。

それと、本作は基本的に『大悪司』のシステムを踏襲していますが、
舞台設定に応じて少しアレンジされてあります。
その最大の要素が娼館制度の廃止です。
前作はこの部分が大きな比重を占めていて、
一見すると戦略もののようでありながら、
実質的には経営SLGとしての側面が強い作品でした。
本作はこのシステムがなくなることで、
経営SLGとしての側面はほとんどなくなりました。
私は経営SLGも大好きなのですが、
他のSLGは好きでも経営ものだけは苦手って人も結構います。
そういう人にとっては、
経営色の弱い本作の方が馴染みやすいかと思います。

結局、今からやるというのであれば、
陵辱系や経営ものが好きな人→『大悪司』
恋愛が好き、経営ものが好きでない、音声は欲しいって人→本作。
って感じになるのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

大番長 廉価版

DL版
大番長 dl
関連するタグ WIN /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/138-025673ad
| ホームへ戻る |