キャプテン翼2 スーパーストライカー

キャプテン翼2 スーパーストライカー

『キャプテン翼2 スーパーストライカー』は1990年にFC用として、
テクモから発売されました。

原作付きのゲームでここまで絶賛された作品は、
後にも先にもないのではないでしょうか。

キャプテン翼II

<概要>


テクモといえば、キャプテン翼。
ファンに対しては、もう説明不要な気すらしてきますね。

今作の舞台は前作から3年後。
これは同時に原作の最後から3年後になります。
本作の発売時には、原作者による「ワールドユース編」はまだなく、
従って本作のストーリーは完全オリジナルとなります。

<感想>


ストーリーとしては、翼はブラジルに渡っていて、
サンパウロを率いてユースクラスの頂点を決めるリオカップ編に挑みます。

その後、リオカップ決勝の一週間前の日本に舞台は移り、
岬らのいる南葛高校の、
冬の全国高校サッカー選手権Ⅴ2を目指すことになります。

その後、ジャパンカップ編としてサンパウロVS全日本を経た後、
ワールドユース編に入ります。

ストーリーとしてはワールドユースの優勝が目的となりますが、
同時に翼の必殺シュートとして今後のシリーズの核にもなる、
「サイクロン」の習得も話の中心となっています。

システムは端的に言えばサッカーシミュレーションになります。
細かく言えば、リアルタイムの戦術SLGとなるのでしょうか。
基本的には前作と同じですね。
そういう意味では、システム的に前作程のインパクトはありません。

インパクトはないけれど前作にあった幾つかの不満点が改善され、
マイナーチェンジとはいえサッカーSLGとしての完成度は上昇しました。

まぁ、1の最大の特徴がシステムなら、2はストーリーにあるのでしょう。
原作(無印)では実現しなかったブラジル戦。
それをコインブラ等強力なライバルたちを用意して、
見事に演出しきったのは見事でした。
ブラジルはリオカップ編で散々翼を苦しめたライバルや
サンパウロFCで頼りになった仲間の集合ですからね。
ラスボスとしての風格は十分でした。

余談ですが、自分は決勝のスコアは3対2だったんですよ。
翼や日向の必殺技を全部駆使しても1点しか入らず、
半ば負けを覚悟してたんですがね。
岬君のジャンピングボレーで2点を取って逆転勝ち。
岬君、大活躍でした。
前作も決勝は3対2で、その時もツインシュートで2点取ったので、
私の場合、何故か要所要所で岬君が活躍します。

さて、程度の差はあれ、どんな作品にも熱狂的な原作信者がいますから、
オリジナルの話って叩かれやすいですし、
仮に叩かれないとしても絶賛されることは稀です。
原作の雰囲気を壊さずに作品化するのは難しいですしね。

しかしながらこの『キャプテン翼2』は、
プレイした多くの人に絶賛されました。
私も原作の大ファンでしたから、批判的になってもおかしくないのですけどね。
禁句かもしれませんが・・・本人がその後に書いた続編より面白かったですw
『キャプテン翼2』こそが正史である。
そういう人、そう考える人も多いでしょう。
ってか、私もその一人なんですけどね。

それほどまでに面白かったのです。
決勝のコインブラやゲルティスの反則的なまでの強さ。
未だに覚えてる人も多いのでは?

余談ですが、実際のブラジルって強い時は強いし実績も最高なのだけれど、
結構脆い一面もありますし、常に絶対的な存在というわけではありません。
だけど私はブラジルを特別視してしまいたくなるわけで、
ワールドカップでもついブラジルを応援してしまいます。
そのような価値観ってのは、やっぱりキャプテン翼の、
そして本作の影響が大きいように思います。

また原作での岬君らは、一度も冬の全国高校サッカー選手権を勝ってません。
岬好きとしては、原作のワールドユース編以降の岬の扱いに満足いかず、
その点でも本作の方が好きなんですよね。

それにしても、サンパウロ編に、岬君たちの南葛高校編、
最後はワールドユース編。
これ、漫画でフルにやったらどれだけの巻数が必要なんでしょうね?
それだけのボリュームを扱った点もお見事でした。

テクモのキャプテン翼だけでも5作品。
他のメーカーからも後にいろいろ発売されています。
その中でもこの2こそが最高傑作であり(3以降はインフレがね・・・)、
同時にサッカーSLGの最高傑作であると私は思うのです。

<総合>


システムもシナリオも良い。
でもそれだけではなく、グラフィックもサウンドも神がかってました。
90年というのはファミコン末期っていうこともあり、
ファミコン屈指のグラフィックだったのではないでしょうか。
よくこれで4Mに収まったものです。
その意味でも驚かされましたね。

キャプテン翼ファンでこれをやってない人は、
おそらく人生を損しています。
無理にでも入手してプレイすることをオススメしたいですね。

ランク:AA(名作)

キャプテン翼II

関連するタグ ファミコン /SLG /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1378-dd5a6443
| ホームへ戻る |