Runaway2

Runaway2

『Runaway2 : The Dream of the Turtle』は2006年にWIN用として、
Pendulo Studiosから発売されました。

スペインのブランドですが、
前作の評判もあって様々な言語に翻訳されています。

runaway21s.jpg

もっとも近年の世相を反映してか、
英語版は後回しでドイツ語版とかが先でしたね。
英語版でもUS版は2007年の発売でしたが、
オーストラリア版(?)だかが2006年には出てましたので、
英語でのプレイも2006年は可能でした。
私はそれを買ったのですが、ディスクに傷らしきものが・・・
品質管理、杜撰すぎですよ~
他にもそういう人がいたみたいですし、
オーストラリア版にはちょっと気を付けたほうが良いかもしれませんorz

ところで、基本的に私は名作の続編にはあまり期待しない方です。
大抵の場合、初代のインパクトには劣りますからね。

しかし、この作品に対してはすっごくというか、
異常なくらいに期待してしまいました。
そもそものきっかけは、GAMESPOTで見たトレーラーでした。
確か、クリスマスバージョンのやつでしたっけ。
あの映像には鳥肌が立ってきたものです。
何十回・・・、いやトータルだと100回以上も見直しましたよ。

海外の昔の名作ADVの多くは、P&C(ポイント&クリック)タイプのADVです。
しかもカートゥーンと呼ばれる、アニメーションを使用したものが多いです。
何ていうか、イメージ的な話になりますけど・・・
80年代における国内とかだと、
コマンド選択式の推理ADVが典型的なADVって感じですよね。
近年ではノベルタイプの恋愛ものがそうですし。
それと同じで、カートゥーン+P&CタイプのADVこそが、
海外における伝統的なADVって気がするんですよね。

確かに、私は斬新な作品が好きではあります。
でもそれは、必ずしも変化球を要求しているわけではありません。
従来から続く伝統的な手法を受け継ぎながらも、
その時代その時代の先端技術を駆使し、
現代的に作り上げた作品ってのも好きなわけでして。
そういうのって、進化の歴史を感じることが出来ますからね。

しかしながら、こうした伝統的な海外のADVも激減しました。
CG+ポリゴンになったり、MYST系が台頭したりして。
また数少ないカートゥーン系ADVの中でも、名作となると更に数は減ります。
そうした今世紀に入ってからのカートゥーン系ADVの中でにあって、
前作の『RUNAWAY』は稀にみる傑作ADVでした。

その続編が大幅なグラフィックの進化を伴って帰ってくる。
もう、興奮がとまりませんでしたね。
何度か発売が延期された後にようやく遊べる機会が訪れましたが、
発売が遅れたとは言ってもグラフィック面では文句なしでしょう。

2006年におけるADVのグラフィックというと、
多くの人は「マブラヴオルタ」を連想するのではないでしょうか。
でも、私はこの『RUNAWAY2』だったんですよね。
国内のADVやRPGはデモムービーとプレイ画面に差がかなりあります。
しかし、P&CタイプのADVはこのムービーのレベルが、
そのままプレイ画面になりますからね。
その差は非常に大きいですよ。
ADVをこの品質でプレイできる時代が来たことに感謝したいものです。

システムは普通のP&CタイプのADVになります。
出来としても、まぁ普通かなと思います。
作る方も慣れてきて変な謎解きは減ったようにも思えますが、
何れにしろゲーム部分で勝負する作品とまでは言えないでしょう。

本作は続編物で、主要なキャラは共通します。
もっとも、エピソード自体は前作で完結しているので、
本作からプレイしても特に問題はないでしょう。

前作は世界中を股にかけた大冒険物であり、
主人公と恋人との逃避行物でもありました。
本作はバカンス中に恋人のGinaとはぐれてしまい、
彼女を探すことがゲームの目的となります。

相方と離れるってのはシリーズ物でよく見られる手法ですが、
個人的にはあまり好きではないです。
こっちは一緒の様子や掛け合いが好きなのだから、
離れてしまうと作品のその部分の魅力が減っちゃいますからね。
とはいえ、相変わらず個性的なキャラたちの存在は健在で、
ユーモア溢れる展開は終始プレイヤーを楽しませてくれます。
まぁ若干濃すぎるので、人によってはかえってしらけるかもしれませんが。

本作の一番の問題点は、むしろストーリーの終わり方でしょうね。
というのも、実は完結していません。
近年の海外のADVはこういう作りが多いです。
予算等いろんな兼ね合いもあるのでしょうが、
意味なく完結しない作りはあまり好きじゃないんですよね。
間をおかずに発売してくれるなら構いませんが、
1年以上空くのは勘弁して欲しいです。
ってか、早く3を発売してくださいと言いたいです。
(注:2009年に3が発売されました。)

ランク:AA-(名作)

Runaway2

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「海外ADV」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1371-7ce3a403
| ホームへ戻る |