肢体を洗う

肢体を洗う

『肢体を洗う』は2002年にWIN用として、
シルキーズから発売されました。

死体洗いを題材にした珍しい作品でした。
ジャンル:ノベル系ADV

肢体を洗う

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
ホルマリンの香りがあなたをエロスの世界へと誘惑する
貧乏浪人生である八坂は、医者になりたいという一心から、
ある大学付属病院の事務局でバイトをしながら浪人生活を送っていた。
しかし突然、女副院長・露崎千草からバイトの解雇を言い渡されてしまう。
突然の出来事に打ちひしがれる主人公。
そんな彼に彼女は病院に残るための唯一の手段を提示してくる。
彼女が代わりに用意してくれた仕事とは……
俗に「死体洗い」と言われる仕事だった。
あなたは、作者が実体験を元に著述するこの作品をプレイすることによって
狂愕の世界を知ることになるだろう――日常、垣間見ることができない
「死体洗い」という仕事を通じ「日常から非日常に放り込まれた主人公の
精神的な変遷」――それが『肢体を洗う』だ。

<感想>


大学の付属病院でバイトをしていた主人公が与えられた仕事は、
なんと死体洗い。
こんなゲームは今までなかったですね。
何でもライターの実体験を元にしているそうで、
噂でしか聞いたことのない世界をゲームとは言え体験できるってのは、
それだけでも素晴らしいことです。
実験的な作品の多いシルキーズらしい作品でもありましたね。

さて、このゲームの最大の特徴は、何と言ってもCGなのでしょう。
死体洗いの雰囲気がよく伝わってきましたし、
とても良く出来ていたのではないでしょうか。
もっとも、ここは人によってはグロ画像にしか見えないので、
苦手な人には注意が必要ですけれど。

それと、注意は逆の場合も当てはまります。
猟奇やグロ専門でそういうのが好きでたまらない人には、
それはそれで少し物足りなく感じるのではないかと。
つまり、あくまでも死体洗いのリアリティを持たせるためのCGですので、
CGの趣旨がグロ目的とは異なってくるからです。

目的に即したCGという意味では評価に値すると思うのですが、
ちょっとでもプレイヤーが履き違えると、
肩透かしにあうかもってことですね。

ここまでは良いのですが、問題は中身ですね。
ジャンルはノベル系のADVで、
内容的にはホラーや狂気を扱った作品になります。
このストーリーがいまいちパッとしなかったわけで、
良くも悪くも普通でしかなかったのです。

それと後半から薬物要素が強まってきて、
あまり死体洗いを活かしたものではなくなってしまいました。
せっかく死体洗いという他にないを題材にとりあげているのだから、
もっとそれを活かしたストーリーにしてもらいたかったです。
結局、死体洗いの描写とCGばかりが独立して印象に残り、
他が全く印象に残らないという状況になりました。

<総合>


総合的には佳作ってところでしょうか。
珍しい題材で私好みですしCGも良かったのですが、
それが活かしきれていないのでは価値も半減してしまいます。
あとは、死体洗いの描写とCGという個別の部分に、
一体どれだけの価値を見出せるかでしょうね。
個人的にはストーリーとの密接な関連性を見出せない部分に、
ネット上にある画像とのそれ程大きな違いまでは見出せなかったので、
こういう判断になりました。
しかし、もちろんここに大きな価値を見出す人もいるでしょうし、
そうなれば当然良作以上に感じられる人も出てくるでしょう。
それだけの珍しさを兼ね備えていた作品ではあったわけで、
だからこそ逆に勿体無くも感じた作品でした。

ランク:C(佳作)

肢体を洗う

関連するタグ WIN /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/137-d72bb2e0
| ホームへ戻る |