serial experiments lain

serial experiments lain

『serial experiments lain』は1998年にPS用として、
パイオニアLDCから発売されたADVです。

ミステリー小説の世界には三大奇書っていうものがありますが、
もしADVの三大奇ゲーがあったとしたら・・・

LAIN01.jpg

<概要>


とりあえずPSのADVの三大奇ゲーを考えるならば、
その候補に間違いなく挙がりそうな作品が、『serial experiments lain』
(シリアル エクスペリメンツ レイン)なのでしょう。

もっともゲームでやるべきことは、ある意味とても単純です。
ゲーム内にあるネットワーク世界を徘徊し、
そこで日記やカウンセリングの内容等の、
ヒロインであるレインに関する音声データと動画ファイルを入手、
そしてそれを再生して楽しむだけです。

各データ間には連続したつながりはなく、
個々の記録の断片を見ていくことで、
プレイヤー各人が脳内で繋ぎ合わせていく感じです。

<ゲームデザイン>


一見風変わりではあるので、
そもそもこれはゲームと呼べるのかって議論もあります。
極めて斬新で他に例を見ない作品ともね。

とは言うものの、・・・はたして、本当にそうでしょうか?
本作は『NOeL』の製作陣が作った作品です。
両者は共に現実と仮想空間を扱う作品であり、
両者の物語的なアプローチの仕方やベクトルは反対なものの、
基本的なシステムの構造は共通しています。

そして『NOeL』にしても本作にしても、
一見斬新なシステム構造は実はそうでもないのではと思うのです。

プレイヤーのアクセスに対し相手がすぐに反応する。
これは私が常日頃言っているADVの本質そのものと言えるでしょう。

本作らは無から生まれた斬新なゲームデザインなのではなく、
古くからの最も古典的なADVの形式を現代風にアレンジすることで、
全く新しいジャンルのように見せる事に成功した作品なのではないかと。

この作品がADVと呼べるかで議論が挙がるほどに、
そこまでADVに対する認識が変ってしまったんだなと思うと、
時代の流れを感じざるを得ません。

ここで誤解して欲しくないのは、現代風へのアレンジが、
必ずしも新しい物を作る事より劣るわけではないことです。

斬新な物だって偶然の産物に過ぎない場合だって多いですし。
逆にアレンジであっても、そう悟らせないまでに作り替えるのは、
無から作るより難しいことも多々ありますからね。

製作陣がどこまで意図していたかは知りませんけどね。
もし全てが計算ずくであったのならば、
そのゲームデザインにおけるセンスには脱帽せざるを得ません。
ここの製作陣にはもっとゲームを作って欲しかったと思うし、
それほどまでに個性的なゲームでした。

何れにしろシステムが非常に個性的であったことに違いはないのですが、
本作が特別視される理由は、
システム面よりもむしろその内容にあるでしょう。

<感想>


家庭用ゲーム機用としては、元祖鬱ゲーと呼べる程に重く衝撃的な内容。
それが映像で流れることになります。

これまでにも家庭用ゲーム機のゲームで鬱だと言われる作品や、
狂気を扱った作品もありました。
しかしながら言葉は悪いですが、所詮は全年齢用。
アダルトゲームのそれに比べ、生ぬるいのばっかりでした。
なので私は家庭用ゲーム機のゲームで狂気を扱った作品とかは、
ほとんど評価していません。
でも、これだけは別と言っておくべきでしょう。

しかも本作は、心理学・哲学・情報工学等の知識も交えながら進むのです。
細かい部分のフォローなんてないもんだから、
ちょっとでも気を抜くとあっというまに置いていかれます。

よくこんな作品が家庭用のゲーム機で発売できたもんだなと、
正直驚かざるを得ません。
ゲームデザインの面でもストーリーの面でも、
その独自性は圧倒的でしょう。
個性だけなら間違いなく傑作級です。

ただね、如何せん不親切すぎるのです。
全ての面であまりにプレイヤーを突き放しすぎてるから、
これでは普通の人はついていけないですよ。
ロードとかも異常に長いし。
あらゆる面で、人を選ぶ作品と言えるでしょうね。

<総合>


従って本作は、個人的にはその個性が上回ると考え名作としているものの、
決して万人向けなのではなく、たとえADVファンであったとしても、
合う人と合わない人がきっぱりと分かれると思います。

そういう意味では、購入検討をしている人は、
まず自分がゲームに何を求めているのかを考え、
その上で他人の意見より己の直感を信じた方が良い作品と言えるでしょう。

最後に、本作にはアニメがあます。
アニメの方が先なのでアニメのゲーム化とも言えるのですが、
主人公が同じなだけで中身は全く異なります。
ゲームはアニメよりずっと暗いですし。
まぁ、アニメが好きならきっとこちらも楽しめるでしょうけれど。

ゲームの方はちょっとプレミア状態なんで、気軽には薦めにくいです。
まずはアニメが先でしょうね。
アニメの出来も凄く良いですし。
アニメはアニメでやたらと中毒性があるので、
それではまった人ならゲームの今の価格も納得できるんだと思いますよ。

※余談ですが・・・、攻略本がすっごく欲しいです~
今の私には、また自力でやる余力はとてもじゃないけどありません。
イベント条件等複雑なんで、
攻略本を見かけた幸運な方は即ゲットをオススメします。

ランク:A(名作)

serial experiments lain

PSソフトlain serial experiments

関連するタグ PS /ADV /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

当時、このゲームをプレイしたときは中1でした。
難しい内容はわからなかったですが、思春期全開でしたから、このような世界観にハマったことを思い出します。
このゲームと攻略本を所持しているのですが、プレミアがついていたなんて、管理人様のblogを読んで初めて知りました・・・。
意図せずとも私が知った要因となったことを感謝致します。

>>おむれつさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
ゲームと攻略本の両方所持ですか~
凄いというか羨ましいというか。
アニメもそうですが、素晴らしい作品でしたよね。
世界観は最高でした。
ゲームも攻略本も欲しい人はきっと後を絶たないと思いますし、
持ってる人は幸運だと思います。
中には家宝のように思っている人もいるんじゃないでしょうか。
一度手放したらもう中々手に入れられなくなるでしょうから、
これからも大事にしてあげてくださいね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1367-3632f86f
| ホームへ戻る |