殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件

殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件

『殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件』は、
1988年にファミコン用として、HAL研究所から発売された推理ADVです。

とかくゲームというものは、
どういった層がプレイしたかでも大きく感想が異なってきます。
本作に関しても、間違いなくそれが当てはまります。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
殺意の階層

当時このゲームに目をつけていたのですが、
雑誌でこんなクソゲー見たことがないって、散々に酷評されていました。
時間がなかったこともあり、その評判の上辺だけを見て一度は回避していました。

その酷評にも一理はあるのです。
それはこのゲームの最大の特徴とも密接に関連します。
本作は従来のADVとは異なり、
行動により時間が進行しクリアまでに時間制限があるのです。
しかもちょっとした事ですぐにゲームオーバーになり、
ファミコンのADVとしては難易度が非常に高かったのです。

これは、まさに初心者お断りなADVでしたね。
何かやるとすぐにゲームオーバーなんじゃ、
プレイヤーも選んでしまうのも仕方ないでしょう。
攻略本がなければクリアできないんじゃないかってくらい難易度が高く、
その一方で遊ぶ方は子供が多いわけですしね。
私の周りでも、クソゲーとしての認識が圧倒的でした。

ただ、それはあくまでもADV初心者に当てはまる感想です。
今ネットで検索すれば分かるように、
この難易度に魅力を見出しファミコンでは一番好きって人も結構います。
これは、いわゆる玄人受けする作品だったのでしょう。

さて、肝心の私の感想ですが、普通に良作なのかなって感じです。
時間が経過する点は斬新ではありましたが、
ゲーム中に時間概念自体を取り込んだ、
『アグニの石』程のインパクトはなかったです。

高い難易度にしても、初期のPCのADVなんて、
それこそ自力クリアが困難なものばかりでしたしね。

また、難易度以外のストーリーやグラフィック等も、
水準はキープしていましたがそれ以上のものでもなかったです。

つまり、ファミコンのADVとしては異彩を放っていたかもしれませんが、
PCのADVと比べるとそれほど目立つ存在でもないと感じたんですね。
そういうわけで、十分面白くて良作ではあるけれど、
名作と言い切る程の強烈な何かは感じられなかったのです。

最後にこんな人にオススメって観点ですと、
とにかくファミコンの推理ADVで一番難しいのに挑戦したいって人には、
これなんかが良いかと思いますね。

ランク:B-(良作)

殺意の階層

関連するタグ ファミコン /ADV /コマンド選択式 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1365-6b3728aa
| ホームへ戻る |