パンドラの夢

パンドラの夢

『パンドラの夢』は2001年にWIN用として、
ぱじゃまソフトから発売されました。

この年を代表するループ系のノベルゲームでした。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
パンドラの夢

最近はそうでもないのかもしれませんが、
アダルトゲームでは一時期ループものが流行ったときがありました。

ノベルゲームは何度も繰り返してプレイするものが多いので、
基本的にループものと相性が良いのでしょう。
それと、ループすることで全体を壮大な1つの物語として構築できるので、
大仕掛けにすることもできます。
それ故に、はまった人に高く評価されすい側面もあるのでしょう。

本作もそんなループ物の1本です。
上記の利点から、私も元々はループ物が好きだったのですが、
どうにも乱発されると飽きてしまいますし、
ループものの構造的な欠点もいろいろ見えてきます。
まだ本格的なブーム到来前であるとか、
或いは構造的欠点を克服してきた作品は賞賛に値すると思うのですが、
ブームに乗って安易に作ってみたって魂胆が嫌いなので、
ゼロ年代前半のループもののほとんどは評価していません。

ただ、本作は2001年の発売であり、乱発期の少し前の作品でしたので、
少なくともまたかよって気にはなりませんでした。
もっとも、うんざりしなかっただけであって、
ループだから凄いと思うような時期は既に過ぎ去っていましたけどね。

まぁ、でもここら辺は、人によって感じ方も大分変わるのでしょう。
2002年以降になると、ループ系ってだけで馬鹿の一つ覚えみたいに感じ、
他にネタはないのかよって思ってしまいましたが、
2003年のループ系でも信者のいるゲームもいますからね。
ゼロ年代にノベルに触れ始めた人だと新鮮だったのかなぁ・・・

また他のゲームがループを隠して仕掛け的に使う物も多いのに対し、
正面からループ物と言っていることもあって、
win時代に入ってからのループ物というと、
個人的には何となくこれを思い出すのです。

そういうわけで、まだうんざりする前の時期の作品ですので、
基本的には楽しめました。
とにかくループものがやりたいというのであれば、
本作はオススメの1本に含まれるでしょうね。

もっとも、昔からアニメとか他の媒体でもループものはあるわけで、
本作はその影響も色濃く現れていました。
良く言えばツボを押えているとなるのでしょうが、
悪く言えば独自性のない作品となるわけで、
個人的には点の伸びにくい作品でもありました。

かようにストーリーだけなら私の評価は辛くなるのですが、
本作はVENUSystem(ヴィーナシステム)という、
簡単に言えば噴出しを多用した演出をしていました。
そのため見ているだけでも楽しめ、
他の同時期のノベルゲームよりは入っていきやすかったです。

総合的には、これがあと1年遅ければ佳作扱いだっただろうし、
シナリオだけだったらこの時期でも佳作だったのでしょうが、
この時期のループもので演出も比較的秀でていたことから、
良作としておきたいと思います。

ランク:B(良作)

パンドラの夢

関連するタグ WIN /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1362-e8d9af05
| ホームへ戻る |