シャドウ オブ メモリーズ

シャドウ オブ メモリーズ

『シャドウ オブ メモリーズ』は2001年にPS2用として、
コナミから発売されました。

ゲームジャンル:3D・移動式ADV

シャドウ オブ メモリーズ

3DのADVということで一見するとアクションADVっぽいですが、
アクション要素はありません。
コナミからは『サイレントヒル』シリーズが発売されていますが、
そこからACT要素を取り除いたものを想像してもらえば近いでしょう。

本作はアクション要素がない分謎解き要素で勝負という作品で、
これは設定とも関連します。
というのもゲームの流れは、
主人公が死ぬ→過去に戻って死因を回避→
別の原因で死ぬ→過去に戻って死因を回避…となり、
これを繰り返すのです。
死因と死ぬ時間が決まっており、リアルタイムで時間が進行する中、
制限時間内に死因を回避すべく奔走するのです。

ゲームの設定や流れ自体は『Bad day on the Midway』と同じですが、
珍しい設定ではありますし3Dだと迫力も違いますしね。
これはこれで新鮮に感じられました。

ストーリー的には死すべき運命からの回避という設定と、
グラフィックが持っている印象から、
最初はシリアスな作品っぽく感じるでしょう。
しかし、次第にギャグゲーというかバカゲーっぽく感じるんですよね。
何せ、ありとあらゆる死に方をしますから。
よくここまでいろんな死に方をするするもんだと、
思わず笑えてくるんですよね。

まぁ、ゲーム部分及びストーリー部分だけなら、
せいぜい良作止まりってとこかなと思います。
良く出来てはいるけれど、もう1つ突き抜けた部分がないですから。

むしろ本作で私が一番惹かれた要素は、
何といってもグラフィックでしょうね。
2001年というPS2初期の段階で、
よくここまでのグラフィックが出来たものです。
この幻想的な3D風景を堪能できただけでも凄く良かったですよ。

この作品は海外でも発売されて好評を得ているのですが、
PS2初期ってこともあってか国内では知名度が低いわけでして。
純粋に謎解きを楽しめるADVで面白い作品、
しかもグラフィックでも楽しめる作品なんて、
PS2ではほとんどないですからね。
ADV好きには、もっとプレイしてもらいたい作品でもありますね。

ランク:A-(名作)

シャドウ オブ メモリーズ

関連するタグ PS2 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/136-4a9a7dd1
| ホームへ戻る |