夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~

夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~

『夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~』は、
1989年にPC88用としてジャストから発売されました。

『デリンジャー』に出てきた中藤美希ちゃんシリーズの第2弾になります。

夜の天使たち

<概要>


中藤美希主演作品第2弾。

少し沿革から入りますが、
80年代に美少女ゲームの元祖と呼ばれる『天使たちの午後』シリーズなど、
数々の話題作を製作し有名だったジャストという老舗ブランドがありました。
因みにジャストは今はなくなりましたが、
その流れを汲むのが今のパープルソフトウェアになります。
そのジャストがクレストという新ブランドを作り、
デビュー作『デリンジャー』にて中藤美希という、
架空のアイドルキャラをデビューさせました。

本作は、その中藤美希作品の2作品目になります。
尚、3作目は美希ちゃんのプロモソフトとして、
『メイキング・オブ・Miki』が予定されていました。
しかし『メイキング・オブ・Miki』は、製作中の画像はあるのですが、
結局発売されなかったようです。

<ゲームデザイン・グラフィック>


ジャンルはコマンド選択式のADVです。
ゲーム部分自体に関しては、普通の出来と言えるでしょう。

他所より優れているのは、一つはグラフィックです。
美少女をいち早く扱っていた当時の最大手ブランドの作品だけに、
やっぱり可愛いキャラが多かったです。

<ストーリー>


中藤美希ちゃんは前作『デリンジャー』の頃は13歳でしたが、
本作では19歳へと成長しており、より一層魅力的になっています。

主人公は探偵で、自殺と断定された、あるOLの死の真相を追求するよう、
遺族から依頼されます。
亡くなった淳子の妹・久美は言いました。
「以前姉は、踏切で危険な目に遭ったことがあるらしい」と。

踏切だけが真相を知っているってことで、
その踏切が事件の鍵を握ることになります。
だから、私鉄沿線殺人事件なんですね。
因みに、この踏切は小田急線の経堂駅の西側の踏切とのこと。
そう言われて分る人がいるのかは知りませんが、
こういうのって何かマニア心をくすぐりますよね。

こうして事件を依頼された主人公は、
美希ちゃんを助手に従え事件の解決に挑むわけです。
尚、美希ちゃんは前作では歌手デビューの前でしたが、
現在はデビューし人気アイドル歌手になっています。
・・・アイドルの注釈って今は必要になってきているのかな。
今は女性が歌を出せば皆アイドルって呼ばれますが、
80年代のアイドルってのはトップスターだけだったんですよね。
そんな美希ちゃんですが、ゲーム期間中はちょうど3ヶ月のオフに入っています。
上記の3作目は、そのデビューに至るまでを描く予定だったみたいなので、
個人的には内容が気になってしまいますね。

さて、私は基本的に続編より初代が好きな傾向がありますが、
前作は美希ちゃんは可愛かったものの、
悪く言えばそれしか取り得がない作品でもありました。

本作は私の好きな推理物でもありますが、
それを抜きにしても前作よりストーリーがしっかりしています。
また、本作は登場人物の数も増えてますし、
それに伴い可愛い女の娘たちも一杯出てきます。
17歳(と明言された)女子高生も良いですが、23歳OLなんてのも良いですね。
美希ちゃんが最高だとは言え、
やっぱりいろんなタイプの可愛い娘がいると華やかさが違いますよ。

もっとも前作より良くなったとはいえ、本作も粗はいろいろとあります。
ストーリーもシステムも一般PCゲーの名作を超えたとは言えないでしょうし。
でも、人がどうであれ、私はこのシリーズが基本的に好きなんですよね。
明確なオンリーワン的要素がないので、
私の評価基準ではあまり点は伸びないのですが、
主観点に重きを置く方法だったらもっと高くなっていたでしょう。
そういうわけで、下に書いたランク以上にお気に入りの作品だったりします。

<感想・総合>


そうですねぇ~こう考えることも出来るでしょうか。
確かに推理物のアダルトゲームの名作もありますし、
可愛いキャラがでてくる名作もありました。
しかし、可愛いキャラの出てくる推理物のアダルトゲームという、
私にとってど真ん中のストレートなシチュエーションのゲームは、
考えてみれば当時はまだなかったんですよね。

これだけじゃ、まだ曖昧か。
私の好みは別にしても、ヒロインとしてきちんと存在し、
このキャラの可愛さを有しつつ物語までしっかりしている推理ADVは、
やっぱり当時はなかったかと思います。

歴史的な観点から言えば、
80年代半ばまでの美少女は攻略対象でしかないものがほとんどでした。
或いは、最後にだけ出てくる捕らわれの姫とかですね。
でも、そういうのではなくて、
主人公と肩を並べる「人格を持ったヒロイン」なんてのは、
88年の『リップスティックアドベンチャー』くらいからなものでしょう。
美少女ゲームにおけるヒロインの存在の確立がなされていったのが、
88年から89年頃なのだと思います。
そして各社が様々にヒロインという存在を考え始めた中で、
老舗で最大手ののジャストが用意したのが中藤美希だったと。

もう一つ加えるならば、作品内におけるヒロイン像の確立だけでなく、
看板娘としてブランドの象徴たる存在作りを、
PC98の時代にかけて各ブランドは行っていたように思います。
今でも有名なキャラとしては、アリスソフトのアリスちゃんがありますね。
アイデスではPC98時代にスワティがいましたし、
エルフとかいろんなブランドが看板娘を用意していったんです。
世間のゆるキャラブームとは対照的に、
今のアダルトゲームブランドでは必ずしもマスコットガールを作っていませんが、
そういうのが増えた時期があったわけで、
マスコットキャラの確立も新しい動きと言えたのでしょう。

そしてクレストは中藤美希のためのブランドであり、
ゲーム内におけるヒロインとしての存在を確立させると共に、
クレスト、ひいてはジャストの象徴としての役割も求められたと。
ある意味、89年頃の流れを象徴するようなキャラなんですよね。
そのようなヒロイン・マスッコットガール作りというのを、
大手のジャストが中藤美希ちゃんシリーズとして挑み、
その結果が『夜の天使たち』になるのでしょう。
『デリンジャー』ではゲーム自体の作り込みの甘さもありますが、
何より美希ちゃんは捕らわれの姫でして。
本作になって、ようやく真価が発揮できました。
これら一連の流れを踏まえるならば、
本作は十分に名作って言って良いような気がしますね。

ランク:A(名作)

PC-9801 5インチソフト夜の天使たち -私鉄沿線殺人事件-

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1354-fa8072a5
| ホームへ戻る |