世界でいちばん君がすき!

世界でいちばん君がすき!

『世界でいちばん君がすき!』は1990年にPC88及び98用として、
カクテルソフトから発売されました。

アイドルが多いということで、
アダルトゲームでは比較的少ない系統の作品になりますかね。

sekai-02s-.jpg

今現在がどうであるかはさておき、
PC88&PC98時代のF&C(旧アイデス)のゲームは、
名作・良作と呼べる楽しいものが多かったです。

98時代におけるアダルトゲーム市場をリードしてきたメーカーというと、
まず最初にエルフやアリスが出てくるでしょう。
ただ、この2社が目立ってきたのは91年以降のような気がするんですよね。
90年ごろまでで、しかもADVとなってくると、
旧アイデス系の作品の方が上だったんじゃないかなって思うのです。
87年には『殺しのドレス』、
88年には『リップスティックアドベンチャー』があったし、
89年には『晴れのちおおさわぎ』や『きゃんきゃんバニー』がありました。
こと80年代後半のADVに関しては、一歩抜き出ていた気がします。

そして90年。
この年の旧アイデス系のADVもまた、どれも楽しいものでした。
突出した魅力は少ないけれど、安定した楽しさって感じですね。
それと、とにかくどのゲームもキャラが可愛かったです。

で、90年に発売されたアイデス系のADVは3本あります。
1つ目はカクテルソフトの『きゃんきゃんバニー スペリオール』。
2つ目はフェアリーテールの『リップスティックアドベンチャー2』。
そして3つ目がカクテルソフトの、『世界でいちばん君が好き!』になります。

この中から1つ選ぶとしたら…
今現在の知名度からいけば、きゃんきゃんバニーシリーズでしょう。
しかしこのシリーズは、
プルミエールとEXTRAが良かったから有名になったようなもんで、
このスペリオールだけならそれ程でもない気がしまして。
ってか、難易度高すぎて楽しむより苦しんだ記憶の方が強かったり…

当時の期待度からいけば、『リップスティックアドベンチャー2』でしょうか。
前作は傑作でしたからね。
実際、続編も十分面白かったですよ。
良作であることに異論はありません。
でもね、前作のライターであった蛭田さんが辞めて、
ライターが違う人になったからでしょうか。
どうにも小粒になったような気がして、
前作ほどのインパクトを感じることができませんでした。

そう考えると唯一シリーズ物ではない本作が、
一番何のしがらみもなく素直に単純に楽しめたのかなって。
なので、あえて1本選ぶとするならば、
私はこれかなって思うんですよね。

ストーリーは駆け出しの芸能記者である主人公がアイドルを助け出すという、
芸能内幕物となります。
コメディータッチのコミカルな作品であり、
このころのカクテルソフトの最も得意とする作りでしたね。

題材が題材だけに、アイドルが一杯登場します。
可愛いキャラも一杯いて、そういう点では非常に満足でした。

いつも思うのですが、アイドル物って需要がないんでしょうか?
アイドルマニアも一杯いるしゲームマニアだって一杯いるのに、
あまり重ならないんですかね?
私は好きで、結構アイドル物のゲームは買ってる気がするのですが、
この手のジャンルってちっとも普及しないですから…
私って少数派?

まぁ、それはともかくとして。
CGは綺麗だし、キャラは可愛いし、テキストもテンポ良いし、
音楽も良かったですね。
どれもこれも水準以上で良く出来てました。

ただ他のゲームにも当てはまるので本作だけの欠点とは言いませんが、
コマンド選択のフラグ立てが厳しくってダレちゃうって点はありましたね。
本作の場合は、特に序盤がきつかったかと思います。
しかも開始時は女の子は出てこないのに、
オヤジの顔ばっかみるはめになりますしね。
その序盤さえ乗り越えられれば、
後は可愛いアイドルが一杯で満足できるんですけどね。

序盤のフラグのきつさがあるので、
今やって楽しめるとは言えないのかもしれません。
何より古いですし。
でも、当時としては十分に名作と呼べる出来だったと思いますね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト世界でいちばん君がすき

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1352-e2502daf
| ホームへ戻る |