ルナティックドーン 開かれた前途

ルナティックドーン 開かれた前途

『ルナティックドーン 開かれた前途』は1995年にWIN用として、
アートディンクから発売されたRPGです。

WIN用の新シリーズとして生まれ変わったルナドンシリーズでした。

Win95 CDソフトルナティックドーン 開かれた前途

あの空前のブームというか、猫も杓子もPCを持つきっかけとなったWIN95。
ある意味OSの出来云々は2の次だったような気もしますが、
何れにしろこれによってPCゲームの幅が広がったのも事実でしょう。
(製作が困難になり、広い意味では縮小なのかもだけれど)

名前の通りWIN95は1995年に発売されたのですが、
OSが発売されたからといって対応ゲームがすぐに出るわけではありません。
PCは家庭用ゲーム機と違って、
ゲームのためだけにに作られるわけではないですから、
ローンチが揃ってからなんてこともありませんし。

WIN95はあれど、その機能を活かしたゲームはまだ存在しない。
そんな状況の下、1995年の末に発売された
『ルナティックドーン 開かれた前途』は貴重なWIN用ゲームであり、
同時にWIN用ゲームの可能性を見せてくれたものでした。
(正確にはWIN3.1にも対応なので、WIN95専用ではないですけどね)

このゲームの価値はそれだけに留まりません。
もともと『ルナティックドーン』シリーズというは、
国内随一の自由度をほこったRPGでした。
前年の1994年に発売された『ルナティックドーン2』は高い自由度に広大なマップ、
旅のためには食料も日数分用意しなければならないといった、
徹底したリアリティが硬派なファンにうけたものです。
「とにかく広大な世界で自由な冒険を」という点を極めたルナドン2は、
間違いなく名作と呼べる作品でしょう。

ただね、シビアで本格的なのって熱中してる時は良いけれど、
ちょっとした息抜きには向いてないのですよ。
久しぶりにやってみるかっていう気持ちにはなれないのです。
その点、『開かれた前途』は気軽に楽しめました。
確かに前作よりは「本格的な」という意味では劣るでしょう。
広大なマップもなくなっちゃいましたしね。
一時的な熱中度も低くなると思われます。
しかし自由度の部分にのみ焦点をあて、
良くも悪くも前作よりも簡略化されたシステムは、
前作と異なり気軽に起動できるという雰囲気を纏っていました。
ちょっと息抜きにとか久しぶりにフラ~っと旅してみっかって思った時は、
ルナドン2ではなくこっちを起動してましたからね。
96年頃の私はRPGを5本くらい同時並行してプレイしていたのですが、
ストーリー重視作品の合間にちょこちょこプレイしていたものです。
それ故にWIN用初期の貴重なゲームってだけでなく、
長く私のPCに常駐した作品でもありました。
自由度重視の作品って、どうしても後発の作品が出ると忘れられがちです。
でも上記のような理由で、
私には本作は他の自由度重視なRPGよりもとても記憶に残る作品だったのです。

もう少し具体的に見てみますと、
自由度重視のRPGって点では、従来のルナドンと変わりはありません。
しかし、マップの移動は非常に簡略化されたものとなりました。
フィールドマップがなくなったのです。
なので、前作のような広大なマップをひたすら歩くことが好きな人には、
この点は残念だったかと思います。
逆にそれが面倒だって人には、この変更は良かったでしょうけれど。
つまりは、街から街への旅という要素を捨てて、
ダンジョン探索とかに特化した感じなんですよね。

ルナドンをやっていると、いつも葛藤することがあります。
最初は善人でプレイしたいって思っているんですけどね、
コツコツ探索していると中々良い装備が揃いません。
ところが、ダンジョンの奥底にあるはずの最強クラスの武器を、
通りすがりのNPCが持っていたりすることがよくあります。
しかも、戦えば勝てそうな奴だったりするわけでして。
そうなるとついつい誘惑に負けて、強盗になっちゃうんですよね。
善良な冒険者だったはずなのに、
気付いてみればいつも最後はお尋ね人・・・
良い人でいつづけるのも、結構難しいもんですね~

また、本作は街に辿り着いた時とか、ちょっとしたCGムービーが流れます。
あの当時はCGムービーが流れただけでもすげぇ~って思ったくらいなので、
個人的には凄く嬉しかったですね。
WIN用ということで全般的なグラフィック自体がとても良かったですし。

ところで、本作はルナドンの中でも「前途シリーズ」の1作目にあたります。
細々といろんなことを管理しつつも本格的な冒険をって人には、
おそらくルナドン2の方が肌に合うでしょう。
しかし、もっと気軽に楽しみたいって人には前途シリーズが向いています。

私は目新しさやインパクト重視な人なので、
前途シリーズの中でも初代である本作をとりあげました。
もっとも、新しさより充実度や完成度重視の人もいるでしょう。
そういう人には、続編の『前途への道標』をオススメします。
基本的には『開かれた前途』のマイナーチェンジで、
見た目とかもほとんど変わりません。
地味だしプレイ感覚も似てるので、
『開かれた前途』をやりつくした私はイマイチはまれませんでした。
な~んか、同じことばかりやってるよな~って思ってしまって。
でも、イベントが強化されたり様々な点が改良されていたのも確かです。
なので、今やってどっちが面白いかって観点からは、
間違いなく『前途への道標』の方なんでしょうね。

まぁ、こんな感じで自由度重視って言ってもいろいろ異なってきますから、
好みに応じて作品を選んでみるのも良いのかもしれないですね。

ランク:A(名作)

Win95 CDソフトルナティックドーン 開かれた前途

関連するタグ WIN /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ごめんなさい、ルナティックドーンはダメでした、私。
ゲームに求めるものというのは人それぞれだと思うのですが、私はゲームデザインやシステムの他にストーリーもかなり重要視します。
単調になりがちのSLGでも、ちゃんとした設定やバックボーンがあれば、それだけ熱中度は上がります。
AVGはもちろんですが、私はRPGにもそれを求めてしまいます。
もともとアートディンクのデザインするゲームというのはシステム重視……というよりもそこだけ一点豪華主義になりすぎていると感じていました。
それでもA3やA4は時間を忘れるほどプレイしましたし、トキオや栄冠は君に、アトラスもやり込みました。
でも大海令や機甲師団シリーズ、ルナティックドーンは馴染めませんでしたねえ。
誤解を恐れずに言ってしまえば無味乾燥に思えたんですね。
どうも私は自分で物語を構築していくタイプはダメなのかも知れません。

その感想なら分かります。
アートディンクの作品は発想や着眼点が良いのですが、ストイックにゲームとしてのSLG或いはRPGたらんとしすぎているんですよね。
だからストーリー性も求める人には合わないのも分かります。
私の場合は、例えばA3なんかも普通にやれば面白いのだけれど、シムシティと比べると何かそっけなく感じてしまう。A4だとまた違った魅力が出てきたのでかなりはまったのですが、その何かしらの魅力を自分なりに見出せない作品には、ちょっと足りなく感じてしまう。
で、楽しみきれなかった作品を一言で表そうとすると、やっぱり無味乾燥ってなっちゃうと思います。
良くも悪くもそれがアートディンクのカラーなのでしょうね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1351-7f217720
| ホームへ戻る |