だいな あいらん

だいな あいらん

『だいな あいらん』は1997年にセガサターン用として、
ゲームアーツから発売されました。

正式には、だいなとあいらんの間にハートマークが入ります。

ゲームジャンル:インタラクティブムービー
だいなあいらん

『ゆみみみっくす』に続く、
竹本泉さん原作によるインタラクティブコミック第2弾ということで、
『ゆみみみっくす』のファンには待望の作品でした。

ゲームはフルボイスフルアニメーションのADVで、
選択肢を選ぶことで物語が分岐していきます。
やるドラのようなゲームと言えばわかりやすいでしょうか。
まぁ、こっちの方が先なんですけどね。
つくづく「やるドラ」って、
売り方からして上手かったよな~って思ってしまいますが・・・

当然と言えば当然なのですが、
前回はメガCDで今回はセガサターンですからね。
画質とか動きとかも格段に進化していて、
やっぱ凄いな~って素直に感心したものです。

ただ・・・ここはあくまでも個人的な感覚でしかないのですが、
『ゆみみみっくす』の時ほどの衝撃はなかったんですよね。
確かに『ゆみみみっくす』よりは年月の分だけ進化しているのだけれど、
周りはもっとそれ以上に進化しているわけで、
相対的に前作ほどのインパクトを感じられなかったのでしょうね。

世界観的には恐竜と共存する世界で、恐竜の卵を探す目的のもとに、
ドタバタ騒ぎが繰り広げられるってところでしょうか。

動くししゃべるし、それでいて独特のまったり感は健在。
小難しいストーリーも熱っくるしいバトルも、
主人公に媚びた萌えキャラもなく、
今のADVとは一線を画する雰囲気なんですよね。
二次元の絵ではあっても、ギャルゲーではないということです。

なのでオンリーワンとして、
当時はもちろんのこと今でも楽しめちゃうのです。
こういうのはもっと増えて欲しいのですけどね、
残念ですよね。

演出面全般が良く雰囲気も良いので、
本当は名作と言って構わないのでしょうけどね。
ただ、どうしても前作ほどのインパクトは感じられませんでしたからね。
年数が後な分だけ画質は上昇していますが、
それは周りのゲームだって同様ですし、
前作からの大きな上積みのようなものは感じられませんでした。
その辺りがどうにもひっかかってしまったので、
かなり厳しいかもしれませんが良作としておきたいと思います。
まぁでも、そんなことは全然関係ないと思いますけどね。
人によってはかけがえのない作品になりうるでしょうし、
そのファンの気持ちも分かる作品でしたから。

ランク:B(良作)

だいなあいらん

関連するタグ セガサターン /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1350-7e5fa0d6
| ホームへ戻る |