ショーグン・トータル・ウォー

ショーグン・トータル・ウォー

『ショーグン・トータル・ウォー』は2000年にWIN用として、
エレクトロニックアーツから発売されました。

げいしゃこわひ…
とにかく芸者の怖いゲームでした。

ショーグン・トータル・ウォー ゴールドエディション

何のことかと言いますと、
本作は日本を舞台とした戦略SLGなのですが、
スパイや暗殺を担当する隠密の最強キャラに、
ゲイシャが位置しているのです。

まさにゲイシャ無双と言った感じで、
面白いくらいに暗殺が決まります。
動画を見てもらうと分かるのですが、もう無茶苦茶ですよ。



外人が日本を誤解して作ってしまった典型的な作品。
一見するとそう思えてくるし、ネタゲーかと思う人もいるでしょう。
まぁ、ネタゲーとしても一級品かと思いますけどね。
とりあえずゲームはプレイしなくても、
この動画だけでも一見の価値があるでしょう。

とはいえ、これは単なるエンタメとして盛り上げる手段でしかないのです。
このことでもってただのネタゲー止まりで終わらせてしまうのは、
ちょっと浅はかというものです。

本作の1番の醍醐味は数千人にも及ぶキャラの、
ダイナミックな戦闘にあります。
合戦はやっぱり迫力があった方が良いですよね。
私は『ファーストクイーン』のゴチャキャラバトルにはまった口なので、
本作のようなシステムは大歓迎です。
その後、光栄は決戦シリーズや無双シリーズなんかを作っていますし、
大勢のキャラによる乱戦物も今では珍しくないかもしれません。
でも、この時にはなかったですからね。
それだけにインパクトは大きかったです。
国産の戦略SLGにはすっかり飽きてしまっていたのですが、
そんな私でもこのゲームには驚かされましたね。

しかも、ゲイシャや戦闘シーンのような見た目だけが良いのではなく、
基礎的なゲーム部分も非常によく作られています。
ゲーム部分がしっかりしていて、
映像も良くてネタとしての話題性もある。
SLGとしては、非常に良く出来ていた作品でしたね。
私の評価でも名作扱いではありますが、
私の基準ではこの類のゲームはあまり点が伸びません。
ですので、生粋のSLG好きならば、
もっと楽しめるかと思いますね。

ランク:A-(名作)

ショーグン・トータル・ウォー ゴールドエディション

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/135-60ecd4c7
| ホームへ戻る |