リトルバスターズ!

リトルバスターズ!

『リトルバスターズ!』は2007年にWIN用として、
keyから発売されました。

keyは変われるのか、それとも変われないのか。
様々な想いと共にプレイした作品でした。

LB01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公・直枝理樹は幼い日に両親を亡くし、絶望の中にいた。
それを救ったのがリトルバスターズと名乗る少年たち
(棗恭介・井ノ原真人・宮沢謙吾・棗鈴)だった。
彼らは理樹を連れだし、いろんなものを悪役に仕立て上げ、
成敗して回った。
彼らは馬鹿で返り討ちばかりあったけど、とても楽しかった。
彼らと一緒にいると、寂しさや痛みはやがて癒えていった。
そうして時は経ち彼らは同じ学園に入学し、今年で二年生。
今日も恭介の発案の元、馬鹿を続け、彼らは青春をひた走る。

<感想>


これは一体・・・
『リトルバスターズ!』をプレイしていて、
絶えず付きまとっていたのはそんな感覚でした。

前作の『CLANNAD』は、これまでのkeyの集大成でした。
だからこそ、本作には新しいkeyの側面を期待せざるを得ないわけで。
また事前の情報などからも、
これまでと異なったアプローチが採られるとばかり思ってたんです。

しかし、蓋を開いてみればいつものkeyでした。
それでも今までは、例え似た内容でもグレードアップをしてきたので、
毎回凄く感動することができました。
でも今回は、明らかに『CLANNAD』よりスケールダウン。
正直、これは一体何のためにあるのだろうと考えてしまいましたよ。

確かにね、よくよく振り返ってみると細かなテーマは違います。
これまでの家族愛的なものではなく、今回は友情を扱ってますしね。
今回は魅力的な男性キャラが多かったって特徴もありますし、
音声が加わったことも変化といえるでしょう。

しかし、プレイ途中の感覚はいつも通りなんですよ。
それ故に、冒頭の感想になってしまったわけでして・・・

単体としての出来は、平均的な他のゲームよりもはるかに良いです。
今回もまた、ラストではジ~ンってきましたしね。
名作といって間違いないでしょう。
この作品で初めてkeyの作品に触れる人の中には、
とんでもない傑作に感じた人もいたかと思います。

しかし過去にkeyから発売されてきた作品の存在や、
本作自身が抱える問題点を考慮した場合、
どうしてもこれまでのような凄い高評価ってのは無理な気がします。

結局は今回も同じことの繰り返し。
keyの作品に対しては、
付合いが長い人ほど冷めて捉えてしまう側面もあるかと思います。
その傾向がより一層顕著に出てくる、
本作はそんな位置づけにあるのではないでしょうか。

さて、少し具体的に見ていきますと、序盤は笑い、ラストに泣く。
keyの得意とするこの手法は、今回も健在です。
男性キャラは良いし、クドはめっちゃツボでした。
主題歌も良かったです。

LB0-2.jpg

ただ、今回は問題も今まで以上に多かったとも思います。
一つは、上述のように今までのkeyそのまんまってこと。
中には『MOON.』からの付合いの人もいるでしょう。
『MOON.』から『CLANNAD』までリアルタイムでやってきた人は、
おそらく年もそれなりで時間的にも忙しい人が多いと思います。
そんな人が本作をやって何か得るものがあるのか?って聞かれると、
どうしても首を傾げざるを得ないんですよね。

もう一つは、今回は個別ルートが微妙ってこと。
『Kanon』の頃までは、場合によっては好きなルートだけでもOKでした。
しかし『AIR』以降の作品は、オールクリアが必須になりました。
こういう作りの場合には、
ラストのシナリオを読む前に個別ルートを必ず見なければなりません。
幾らラストが良いって言われてもね、
その前の個別ルートが駄目だと挫折する人もきっとでてくるでしょう。
挫折しないとしても、退屈な時間は免れられません。

また『Kanon』・『AIR』当時は、
原画の好みは別として「塗り」は業界最高レベルにありました。
しかしながらkeyが停滞してる間に、
今では他社が追いつき追い越してった感があります。
加えて音楽面でも、
他社に対するアドバンテージはどんどん無くなっていますしね。

<総合>


まぁ、key作品はこれまで絶賛し続けてましたからね。
今回も他社の作品を押しのけて名作だって思ってるわけですし。

ただ、褒める点がいつも通りで書くことがないなっていうのと、
同じ名作でもこれまでとはちょっと違うよねってことで、
少し辛口っぽくなってしまいました。

とりあえず、key未経験の人はすぐにも買って楽しんで下さい。
ベテランの方は特に急いでやる必要もないので暇な時にでもどうぞ、
ってな感じでしょうかね。

最後に余談ですが、評価的な観点で言うのならば、
私はかなりkeyファンなのだと思います。
好きな作品も多かったですからね。
しかし本作は名作としつつも、
これまでと異なり下降線に感じてしまい、
それまでのように絶対の信頼を置けなくなりました。
そこにきて、2010年のアニメ『Angel Beats!』の出来が酷くてね、
それで一気にkeyへの関心が失われたように思います。
そういうわけで本作は節目というか、作品の評価とは別に、
また違った思い入れのある作品でもありました。

ランク:A-(名作)

リトルバスターズ! パーフェクトエディション

ソフトリトルバスターズ!パーフェクトエディション TVアニメ化記念版

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1349-ac86d3ef
| ホームへ戻る |