アリスの館7

アリスの館7

『アリスの館7』は2004年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

前回は4・5・6と一気に数字3本分でしたが、
今回はオーソドックスに7でした。

ゲームジャンル:バラエティ
アリスの館7

3本分のボリュームゆえに4・5・6と名づけられた前作と比べると、
7だけだと何だか物足りなく思えてしまいそうですが、
それでも十分にお腹一杯になれるボリュームでしたね。

細かい収録タイトルはOHPで見た方が早いので省略しますが、
そこそこの規模の新作ゲームは3本あり、
その他にも小規模なミニゲームがたくさんありました。

新作の3本も普通には楽しめたのですが、
個人的な関心はむしろスタッフコーナーとして収録された、
ミニゲームの方にありました。

世間的には「エルメイフラワー」が面白いとか、
ランスの外伝を見たいとかいろいろあるのでしょうが、
私はちょっと違うところが気になっていたわけでして。

まずは、ぷろGシリーズが好きなので、
「ぷろGRX」があったのは嬉しかったし、
原画のKさんが好きなので「Girls.」も嬉しかったです。

でも、一番嬉しかったのは、
何と言っても「CGは17年ゼミ(化石発掘)」ですね。
当時ファンクラブに入っていた私は、
会報に掲載されていた「CGは17年ゼミ」が凄く好きでした。
最初は何だこの意味不明な漫画はと、後回しにしていたはずなのに、
次第に中毒のようにはまっていって、
それが一番楽しみで真っ先に見る時期すらありましたからね。

会報は当然白黒ですので、
その好きな作品の新作がゲームになって、
色と音がついてくるってのは感涙ものでした。
そもそも本作を買ったのも、
「CGは17年ゼミ(化石発掘)」1本のためのようなものですし。

小粒な作品の集合体なので名作とは思いませんでしたが、
個人的には満足度の高い作品でした。

ランク:B-(良作)

アリスの館7

関連するタグ WIN /ETC /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1345-559c1780
| ホームへ戻る |