小鉄の大冒険

小鉄の大冒険

『小鉄の大冒険』は1996年にPC-98用として、
T2から発売されました。

どれだけ知っている人がいるかはわかりませんが、
『小鉄の大冒険』は同名のアダルト漫画を元にゲーム化したものでした。

kotetu01s.jpg

<感想>


私はOVAを見てないのでよく分かりませんが、
どうやらOVAを元に作ったみたいですね。
違っていたらすみません。
尚、原作を全く知らなくても支障はないので、
いきなり手を出しても大丈夫でしょう。

内容的には良くも悪くも漫画ないしOVAのゲーム化の域を出ていませんが、
テンポが良く結構楽しめました。

というのも、主人公である傀儡師と、
京都弁を話す凛(小鉄)ちゃんを中心とした、
キャラ同士の掛け合いが楽しかったんですね。
それに序盤から頻繁にHシーンも出てきますし。
そもそもHシーンが一杯ありますので、
フルコンプは結構大変なくらいです。

システムは基本はノベル形式のADVで、クリックだけで進行していきます。
で、ところどころで選択肢が出てくるわけです。
また、凛(小鉄)ちゃんが京八流武術の使い手でもあることから、
要所要所でRPG的な戦闘になります。
これはいたって単純なものでしたが、
ADVしかやらない人でも苦痛にならないレベルでした。
ゲーム性を高めるというより、
話にメリハリをつけるイベント的意味合いの方が大きかったですかね。

楽しい会話に冒頭から頻繁に挟まれるHシーン、
そこにアクセントとなる選択肢や戦闘が入ってくるわけで、
序盤からプレイヤーを引き込みつつ、
上手く飽きさせないでプレイできる配慮が出来ていたと思います。
ちょこっとでしたが音声が入ったりアニメがあったのも、
アクセントにはなりましたしね。

特にここがずば抜けているってのがないし原作付きなので、
名作と言い切る人はまずいないと思います。
でも、多くの人が普通に楽しめる、
良く出来た典型的な良作タイプの作品だと思いますね。

kotetu02s.jpg

ところで、オリジナルの漫画はMEE(みーくん)が書いていました。
当時この作者の漫画は結構読んでいたので、
それで本作も買ったようなものです。

『小鉄の大冒険』もMEE(みーくん)の代表作だとは思いますが、
知名度等も含めれば、
断トツで『はいぱーぽりす』の方が有名なのではないでしょうか。
何と言っても、TVでアニメ化されていますしね。
この頃は、まさか『はいぱーぽりす』がアニメ化される日が来るとは、
全く予想もしてなかったですし、
アニメ化を知ったときは驚いたものです。

このゲームをやったのが96年で、はいぱーぽりすのアニメが97年。
他方でエヴァに95年からはまり、
当時人気も絶頂だったみやむーがはいぱーぽりすの主役も担当。
個人的には、何か97年に一気にきた~って感じでした。

そういう点も全部ひっくるめて考えると、
名作並に結構思い出に残る作品でしたね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 小鉄の大冒険

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1341-e8eac628
| ホームへ戻る |