ヒーローズ オブ マイト&マジック3

ヒーローズ オブ マイト&マジック3

『ヒーローズ オブ マイト&マジック 3』は1999年にWIN用として、
イマジニアから発売されました。

M&Mシリーズ外伝の3作目になります。

ゲームジャンル:戦術SLG

HMM301.jpg

<概要>


オリジナルはNew World Computingの製作した
『Heroes of Might and Magic3』で、
本作はそれの日本語移植版になりますね。

RPGのマイト&マジック(M&M)の方が有名かと思いますが、
ヒーローズはその本家M&Mの外伝的立場に当たる作品で、
特にこの3は98年発売のM&M6と時間軸を同一にした作品でもあります。

<感想>


ジャンルはいわゆるSRPGになるのでしょうか。
ゲームはユニットを雇って敵を倒せば良いわけですが、
この辺は他と同じですね。
変わっているのは、フィールドを探索していると資源を得ることが出来、
それを使って自軍の街を成長させることが出来るところにあるでしょう。
もちろん街に何を作ったかでも効果は変わってきます。
魔法ギルドを建てればユニットが魔法を使えるって感じですね。

SRPGの最高傑作は何かと聞かれた場合、
何を重視するかで答えが変わってくるでしょう。
私は基本的にADVが好きな人間なので、
ストーリーやキャラ、或いはグラフィックなんかも重視します。
後は珍しい物が好きなので、変わったシステムがあれば、
それも評価しますね。

ただ、生粋のSLG好きならば、どういうシステムなのかもそうですが、
それよりゲームバランスとかやり応えとか、
そういうのを重視するのではないでしょうか。
そういう観点に立った最高傑作は何かと聞かれたら、
たぶん私はこの作品の名前を挙げると思います。

ゲーム内で出来ること、そしてゲームのやり応え、
難易度やバランスといった面が非常に優れていた作品でした。
本作はシリーズでも3作目に当たるわけで、
初代から少しずつ着実に進化してきました。
4以降は路線を変更してグラフィックを強化する代わりに、
システムは簡略化されたりもしています。
それを考慮すると、システム的にも、
本作で頂点に行き着いたように思います。
もちろん、ボリュームだって文句なしですしね。

私の評価項目は8つほどあって、
狭義のゲーム性はその1つでしかありません。
たぶん他の人、特にSLG好きな人に比べれば割合がかなり低いでしょう。
なので、こういうゲームは名作と言いつつあまり点数が伸びません。
キャンペーンモードというシナリオを楽しむモードもありますが、
日本のゲームのようなストーリー・テキストがあるわけではないですしね。
SRPGに松野作品みたいなストーリーのあるのを期待する人には、
このゲームは向いていないでしょう。
でも、ストーリーなんかいらない、
ゲーム部分が優れていて歯ごたえがあれば、
それで良いという人もいるでしょう。
そういう人なら凄く楽しめる可能性の高いゲームですし、
最高のゲームにもなりうる可能性は秘めていると思います。
SRPGでゲーム性にこだわる人にぜひともやってもらいたいゲームが、
このゲームなんですよね。

ランク:A-(名作)

HMM3

関連するタグ WIN /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/134-99ed0a58
| ホームへ戻る |