ICO

ICO

『ICO』は2001年にPS2用として、
SCEから発売されました。

ジャンルは、一応アクションADVになるでしょうか。

ICO

本来アクションADVはアクションゲームだと思うので、
守備範囲外というかほとんどやらないわけですが、
アクション要素はかなり低いとのことで購入に踏み切った作品です。

設定は、角が生えたために生贄として謎の古城に閉じ込められた少年イコが、
そこで出会った言葉の通じない少女ヨルダの手を取り、
共に古城から脱出するというものです。

アクション要素が加わるために純粋なMYST系ADVとは異なりますが、
アクション要素を除けば、
楽しみ方の方向性としてはMYST系ADVに通じるものがあるといえるでしょう。
つまりテキストで伝えるのではなく映像を通じて世界観をプレイヤーに伝え、
謎を解きながら進行する類のゲームですね。

雑誌で見たときから凄く気になってたんですよ。
何とも神秘的なグラフィックでしたからね。
それに古城って大好きですし。
また、国産でこういうゲームが出てきたってだけでも嬉しいですしね。

それで実際に購入してみたわけですが、
結論を先に言うと、ゲーム的には入門用だなってことです。

ストーリー・世界観的には、何せ感性に訴えかける作品ですからね。
良いも悪いも他人の意見は当てにならないでしょう。
他人の意見よりも自分の直感が大事ですね。
いくら勧められてもグラフィックを見てピンと来るものがなければ、
間違いなくその人にはハズレでしょう。

逆に何かしら惹かれるものがあるならば、
支払った金額分は確実に元を取れると思います。
まぁ、今はライセンス違反の疑いもあって廃盤になっているそうなので、
入手は困難になっていってるかもしれないですけど。
あ、でもPS3で再販されたんでしたっけか。

名作との評判も高い作品ではあります。
ただ私は、国産でこういう作風のゲームが出たこと自体は喜びつつも、
その内容面の出来には首を傾げざるを得なかったのも事実でして。

ということで、もう少し細かく中身について見ていきましょう。
ジャンルは一応アクション・アドベンチャーとなっていますが、
アクション要素はきわめて低いです。
殴るだけの極めてシンプルな作りですからね、
バイオとかのアクション要素が強いのを期待すると間違いなく駄目です。
私はアクション系はやらないので、
アクション性が高いよりはむしろ好都合でしたけどね。
でも、殴るだけで面白みもなく面倒なだけなのに、
意外と敵がうじゃうじゃ出てきて、正直ウザイです。
アクション性で楽しませたいならもっとシステムを凝るべきだったし、
世界観を堪能させたいなら敵をもっと減らすべきだったでしょう。
これでは単なる時間稼ぎの水増しに見えてしまうので、
ちょっと方向性がぶれた感じで勿体無かったですね。

次に、ADVとしての謎解き部分なのですが、これまた物足りないです。
パズルの連続という点ではMYST系ADVとも言えるのですが、
MYST系の名作たちと比べるとあまりに単純かつ単調すぎます。
こうしたゲームのゲーム性の判断要素には、大きく2つあるでしょう。
1つはパズルの難易度で、もう1つはパズルの種類の豊富さです。
本作は簡単な上に、どのパズルも似たり寄ったりです。
すぐに解ける上に飽きてしまいます。

結局、アクション要素もADV要素も初心者向きなんですよね。
慣れてないライトユーザーにはそこそこ楽しめるのでしょうが、
慣れた人には物足りないでしょうね。

次に最大の特徴であるグラフィックと世界観をあわせてみてみますとね、
これまた単調なんですよ。
最初は神秘的な古城の雰囲気に酔いしれていたのですが、
如何せんずっと似たような景色ばっかりですから。
何かね、次に進もうという意欲も無くなってきて飽きちゃうのです。
MYST系ADVの多くは良くも悪くもMYSTのマネをするものが多くて、
ゲーム内には雰囲気の異なる世界が3~5個は登場します。
中には全く方向性の異なる違う世界を用意する作品もあるし、
他方で一定の理念の下に、
そこから考えられる共通性を持った複数の世界を用意する作品もあります。
何れにしろ、世界観を堪能させる際に緩急や変化を付けて来るので、
プレイしていてもだれずにプレイ出来たものです。
本作にはその緩急やメリハリが、ちょっと欠けていたように思います。

また、グラフィックは360度見渡せる点は良いとしても、
画質自体は結構粗かったです。
PS2だけど、確かCD1枚だったかな?
この粗さは、PCのADVと比べると、どうしても物足りなかったです。
ん~、まぁここは好みでしょうけどね。
ぼかした粗い感じが、本作では味にもなっていますから、
これはこれで良いのだとも思えます。
つまり作品としては問題ないのだけれど、
遊ぶ側がPC版の『RIVEN』のような描き込まれたCGを期待しちゃうと、
おそらくガッカリしちゃうだろうなってことです。

さらに、ボリュームも少なかったですね。
下手したら、買ったその日にクリアできます。
8時間もあればクリアでしょうから。

結局、どれもこれも突き抜けた部分がないんですよね。
それどころか、世界観以外は平均よりも下だと思います。
家庭用ゲーム機ではMYST系がほとんどないから、
比較対照もなくてヒットもしたんでしょうけどね。
まぁMYST系は全般的に難しいので、あれはあれでかなり人を選びます。
逆に、本作はほとんどの人がクリアできるでしょう。
そういう意味でも、やっぱり本作は入門用なんだろうなって思うのです。

最終的には難しいのにも挑戦してもらいたいけれど、
だからと言っていきなりハードなのから始めても挫折しちゃいますからね。
RPGだって昔の人は初代ドラクエから段階を踏んでいったわけですし。
MYST系は難しすぎて敷居が高そうかなって人なんかは、
本作から始めてみるというのも良いかなと思いますね。
私の基準ではどうしても点が伸びない作品ではありますが、
入門用ゲームはジャンルにとって欠かせない作品でもあり、
そういう意味では目的が合致すれば楽しめる作品だと思いますね。

ランク:D(凡作)

ICO

関連するタグ PS2 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1328-1a457523
| ホームへ戻る |