不揃いのレモン

不揃いのレモン

『不揃いのレモン』は1994年にPC98用として、
ボンびいボンボン!から発売されたADVです。

ニューハーフが主人公という奇抜さだけでなく、
内容も伴ったボンびいボンボン!の代表作の1つですね。

fuzoroi01.jpg

<はじめに>


WIN時代になってからは目立たなくなり、今はどうなってるかも知りませんが、
PC-98時代に活躍していたブランドの一つに、
ボンびいボンボン!がありました。

・・・という内容の文章を書いた後に調べたら、
会社自体は現在のビジュアルアーツなので、
とても大きくなったと言えるのでしょうね。
ゼロ年代の一時期はビジュアルアーツ系だけでかなりの売上があり、
ビジュアルアーツの天下でしたし。
ボンびいボンボン!がそこまで伸びるとは、
当時は思いもしませんでしたけどね。

そのボンびいボンボン!の看板タイトルと言えば『ヌーク』シリーズであり、
いかにも98時代のADVって感じの作りが妙に懐かしくもあるものです。

そのボンびいボンボン!の最高傑作となると、
個人的には『ヌーク3』となるわけですが・・・
如何せん、『ヌーク3』は続編物ですからね。
続き物特有の思い入れもあるし、
シリーズを通して遊んでいない人には勧めにくかったりもします。

手っ取り早く単独でボンびいボンボン!の魅力を理解してもらうとなると、
むしろこの『不揃いのレモン』の方が適しているのでしょう。

<ゲームデザイン>


さて、アダルトゲームでは92年に『同級生』が発売されました。
ただあのシステムを使いこなすのは難しいのか、
完全に踏襲した作品は『同級生2』までありませんでした。

他社は部分的に利用するというケースが多く、
例えば行動によって時間が経過するってタイプの作品ならば、
『ようこそシネマハウスへ』や『猟奇の檻』のような有名作の他にも、
『高見沢恭介』とか幾つかあったように記憶しています。

しかしRPGのようにキャラを自由に動かすってタイプの作品は、
あまりなかった気がします。
いや、あまりなかったというのは適切ではなく、
もちろん少しはあったのですが、、
それに面白さが伴うかって聞かれると微妙なものが多くって。

『同級生』以後『同級生2』までの間で、自由に動き回るタイプのADVで、
自信を持って面白いと断言できるADVを挙げろとなると、
案外この『不揃いのレモン』くらいなのかなと思ってしまいます。

尚、『不揃いのレモン』には画面クリックの要素とかはありませんので、
『同級生』よりも『下級生』を想像した方が近いですね。
近年でプレイ感覚が近い作品となると、
『メイプルカラーズ』あたりになるのでしょうか。

もちろん、単に移動するってだけでは、独自の面白さは生まれません。
本作は単に自由に動けるってだけでなく、
ボンびいボンボンが得意とする「天の声」ってシステムもありました。

「天の声」は画面上部から、
プレイヤーにツッコミがきたり或いはヒントが与えられることで、
ゲームの進行を円滑にする機能を有すると共に、
プレイヤーを飽きさせない機能も有していました。
結構好きだったんですよね、このシステム。
こういう配慮は素直に評価したいですしね。

<ストーリー>


ストーリーはニューハーフの主人公が妹の失踪事件の謎を探るべく、
用務員として女子高に潜入して・・・って感じです。
基本的にはミステリーものとなるのでしょう。

ミステリーといってもシリアスで堅苦しいものではなく、
ニューハーフの主人公と、
お馬鹿な女子高生らの会話がコミカルで非常に楽しかったです。
もちろん推理物としてのシリアスさもありましたから、
シリアスとギャグと美少女のバランスが良く、
それが本作の特徴と言えるのでしょう。

ニューハーフの主人公というのが何とも時代を表しているようですが、
こういう設定の主人公は珍しかったですね。
因みに、主人公の設定で用いられる言葉は、
どうしてもその時代の言葉に左右されます。
仮に美少女に変装した男でも、
80年代だったらオカマって表現されかねないですし。
本作ではニューハーフと表現されていますが、
いわゆるニューハーフとも少し異なるように思いますし。
見た目は美少女なのですから、
今だったら男の娘と表現されるのでしょうね。
まぁ言葉に特別こだわる必要もないと思いますし、
とりあえず男性が女装して女子校に潜入する作品が後に増えますが、
その先駆け的存在と考えれば良いのでしょう。

<グラフィック>


fuzoroi02.jpg

グラフィックは「飛鳥ぴょん」さんです。
ゼロ年代辺りだと『SNOW』(2003)の原画家と言えば、
大抵は通じたのですけどね。
近年はゲームの原画をやっていないので、
知らない人も増えているかもしれません。

なので、ここの画像で理解してもらうしかないのですが、
可愛くて個性的なキャラが多くて、
しかも攻略対象の数も多かったものだから、
それだけでも大満足な出来でした。
ストーリー重視の観点からヒロインを絞る作品も多いですが、
せっかく女子校に潜入するわけですからね。
攻略できる可愛い女の子は、多い方が嬉しいものです。

<感想・総合>


総じて、バランスよく楽しめた作品でしたね。
ニューハーフが女に興味があるのかってのだけは疑問でしたけどw

グラフィック、ストーリー、キャラ、システム、ボリューム・・・
粗という粗がないんですよね。
むしろ、どの項目においても長所となりうる出来だったし。
しいて言えば、このゲームだけの強烈な斬新さが、
少し足りないってだけですか。
それはそれで贅沢な話ですけどね。

評価的には、最初はこれを傑作扱いしたんですけどね。
なにぶんにも、同じ年に『ヌーク3』も出ましたから。
個人的にボンびいボンボン!の代表作としては、
『ヌーク3』を残しときたいかなって思ったわけでして。
その関係上、本作を少し低くしました。
今にしてみれば、不当に低すぎたかもしれませんね。
そういう経緯がありますので、
面白さ的には本作は他の傑作ソフトと比べても何ら遜色はありません。
PC98時代の隠れた名作を探してる方は、
これなんかは要チェックなんじゃないかなって思いますね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト不揃いのレモン

関連するタグ PC98 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

私の中ではボンびぃの最高傑作としている
山田花子のエンドもあればなー

この作品は、私も再度見直さなければいけないかもしれませんね。
何でマイナーなのか不思議なくらい、良く出来た作品でした。

懐かしいです。ヒロインが皆個性的で楽しかった
飛鳥ぴょんの原画、キャラデザインが輝いてましたね
言いたいことが全部本文で書かれてしまってるのでうなずくしかありませんw
当時、ほとんど話題にならなかったのが不思議です

> 当時、ほとんど話題にならなかったのが不思議です

良い作品だっただけに、埋もれさせるのは勿体無いですよね。
ニューハーフの主人公という設定が斬新過ぎて敬遠されたんですかね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1320-d96115c0
| ホームへ戻る |