フォトジェニック

フォトジェニック

『フォトジェニック』は1997年にPC-98用として、
サンソフトから発売されました。

ゲームジャンル:育成SLG
属性:恋愛

photoge02.jpg

97年はアダルトゲームでもwindows用に移行しだしていましたし、
ましてや一般ゲームの98版となると、
かなり後期の作品になるでしょうね。
同じ年にはPS版やSS版も発売されていますし、
おそらくそっちの方が認知度が高いのではないでしょうか。
出来もPS版やSS版の方が良いのではないかと思いますが、
私はPSやSSのはプレイしていないので、
違いがあるのかすらもよく分かりません。
なので共通部分も多いかとは思いますが、
一応オリジナルであるPC-98版としての話になります。

主人公はカメラマンで、腕を磨いてコンテストの入選を目指しつつ、
被写体の3人の女の子との恋愛も育もうって感じのゲームでした。

こういうのはあらためて振り返ってみると、中々に興味深いものでして。
というのも、恋愛ゲームはSLGで先にブームになり、
それから次第に流行がADVに移っていくわけです。
となると、当然その過渡期のゲームっていうのもあるわけですね。
本作もその1本で、写真家としての育成SLG部分と、
町を徘徊してイベントをおこすADVパートから成ります。
こういう構成はこの当時特有とも思えるわけで、
そこに時代の変遷を感じちゃいますね。

ただ、個人的な印象で言うならば、
この頃はまだ恋愛SLGの方が割合が高かったように思います。
本作は一見するとSLGの色が濃いように思えますが、
意外とADV部分の要素が強いです。
つまり、移行期の段階としては4段階あるわけで、
SLG→SLG+ADV(SLGが主)→ADV+SLG(ADVが主)→ADV、
って感じになるわけですね。
そして、この当時は1つ目のSLGか、或いは2つ目が多かったわけですが、
本作は3つ目に当たる作品なわけです。
とすると、時代がADVに移行することを考えれば、
先は読めていたのかもしれません。

でも、SLGの未練を断ち切れずどっちつかずになったものだから、
SLG好きとADV好きのどっちからも褒められにくいような、
微妙なポジションに陥ってしまったように思います。
なので、当時の私もあまり楽しんだとはいえませんが、
このゲームはこうあるべしみたいな決め付けをしなければ、
意外といけるんじゃないかなと今になって思うんですよね。
また、冒頭で出来はPS版の方が良いだろうと書きましたが、
これはイベント等の追加分があるからです。
しかしこのゲームはPCでプレイするのに適したシステム周りであり、
快適に熱中して楽しむ観点からはPC版の方が良いかと思います。

さて、このゲームの不遇さに輪をかけていたのがキャラクターで、
一応原画はすぎやま現象さんなのですが、
この作品に関してはいまいちだったのかなと。
当時のうけるラインとはずれていて、
これは今の方が受け入れられそうにも思いますね。

photoge01.jpg

私もどうにも好きになれなかったのでその点では印象が良くないのですが、
ゲームで一番印象的だったのも実はそのグラフィックだったりします。
矛盾するようにも思いますが、
印象に残ったのはキャラではなく塗りなんですよね。
アダルト物でなく一般物ってことが影響しているのか、
色使いがアダルトゲームではあまりないように感じて、
それがとても特徴的だったように思います。
OPのこの絵の雰囲気で最後までゲームを作ってくれていたら、
印象はまた変わったのかもしれませんね。

トータルでは佳作ってところでしょうか。
恋愛SLGとかADVとかが増えだした頃なので、
どうにも当時の印象が薄いわけでして。
でも今やりなおしたら、
もしかしたらもっと魅力に気付けるのではないかとも思うわけで、
今になって興味深く思えてくるゲームでもありますね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/132-9e3b2212
| ホームへ戻る |