サガ フロンティア

サガ フロンティア

『サガフロンティア』は1997年に、
PS用としてスクウェアから発売されました。

アセルス編は衝撃的であると共に、とても好きでしたね。

アルティメット ヒッツ サガ フロンティア

RPGの肝とは何か?
本来、RPGにおけるプレイ時間の大半は戦闘に注がれるわけです。
戦闘とそれに付随して育成がなされるわけで。
この2つこそが本来のRPGの肝と言えるでしょう。

もっとも、この部分での差別化は次第に困難になっていきます。
そのため90年代以降のRPGでは、
ストーリーやキャラ、グラフィック等で差別化を図るようになりました。
それに伴いプレイヤーの認識も変化し、
ストーリー等が優れたゲームが評価されるようになっていきました。
まぁ、それはそれでOKではあるんですけどね。
何せ私はADV大好き人間ですから。

とはいえ、時代の流れや私の好みは別として、
基礎たる戦闘・育成部分が優れたゲームってのは、
間違いなく評価に値するわけでして。

ここ数年ではアクション要素を導入したA・RPGやA・RPGもどきが人気です。
しかし本来のRPGは非アクション系のゲームであり、
A・RPGとは方向性を異にしています。
安易にアクションに頼らずとも面白いシステムのRPGはあるわけで、
またそういうゲームこそ名作と呼ぶに値するのでしょう。

そしてこのアクションに頼らないRPGの中で、
戦闘・育成の面白さで最高峰に位置する1本と考えるのが、
『サガフロンティア』なのです。

このゲームには、レベルは存在しません。
戦えば戦うほど、少しずつ能力が成長するのです。
なので、戦闘中に使う技とかもレベルアップで覚えるなんてことはできません。
これも戦闘中に「閃く」ことで使用可能になるわけです。
頭に電球がついて閃いた時は嬉しかったですね。

この閃いた技を駆使して戦うわけですが、
パーティのメンバーが使用した技は連携することがあります。
連携が繋がると大打撃を与えることが出来るのですが、
予想外の大連携が出来たときは快感でしたね。

連携は、上級者は狙ってつなげる事も出来ます。
そうでなくても、技の数や連携パターンが無数にあるので、
いいかげんにやってても結構つながるんですよね。
戦闘を繰り返す度に新たな発見があるって感じでしたよ。

もう10年以上前の作品ではあるけれど、
ここまで戦闘の楽しいRPGは今でもそうはないと思います。
なので、ぜひとも一度は体験してもらいたいものですね。

ゲーム部分に関して付け加えるならば、
サガシリーズの伝統ってことでフリーシナリオ制になっており、
自由にイベントをこなせました。
戦闘・育成の楽しさに加えて自由度まで高いんですからね、
ゲーム部分は満足でしたね。

尚、ロマサガシリーズよりマップが狭くなり、
その点で従来のファンから不満があったみたいですね。
自分は、SFC時代の似たり寄ったりなマップの繰り返しよりは、
サガフロの個性的なマップのほうが好きなんですけどね。
狭いといってもそれなりにはあるし、
7人の主人公全員をやろうと思ったらかなりの時間になりますし。

多少前後してしまいましたが、
このゲームには7人の主人公がいて、そのどれかを選ぶことになります。
この7人がまた、実に個性豊かでして。
どの主人公を選んだかによってストーリーも雰囲気もガラリと変わります。
ヒーロー物だったり、耽美物だったり、ロボット中心のSF調だったり。

ここら辺は好みが大きく影響するかもしれません。
人によっては何だこの統一性のない世界観はって、
納得しない人も当然でてくるでしょう。

自分は好意的に受け止めましたけどね。
同じような世界観・ストーリーで、7人もやってると絶対飽きますし。
ごった煮の世界観でいろんなストーリーを楽しめるRPGってのも、
それはそれでありじゃないかなと。
特に、今と違って当時は百合な作品とかほとんどない時代でした。
なので、アセルス編の耽美な雰囲気はとても貴重でしたね。

また、グラフィックも綺麗でした。
FF7のように派手なムービーはないけれど、
CGで描かれたマップは、各ストーリーの雰囲気に沿ったものが用意されており、
非常に楽しませてくれたものです。
他社のRPGも出揃ってない時期だっただけに、尚そう感じましたね。

アセルス編の魅力は、今になっても全く損なわれてないでしょう。
百合とか耽美物とかが好きな人にもオススメな1本でしたね。

ランク:AA-(名作)

アルティメット ヒッツ サガ フロンティア サガフロンティア裏解体真書

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1316-dc0605fe
| ホームへ戻る |