カオスエンジェルズ

カオスエンジェルズ

『カオスエンジェルズ』は、
1988年にPC-88用としてアスキーから発売されました。

アダルトゲームにおけるRPGの元祖と称されることも多い、
初期の名作ですね。

caosangel01_2016022422393885c.jpg

<感想>


本作はアダルトゲームにおけるRPGの元祖として、
よく名の挙がりやすい作品ですね。
私もそういう表現を用いたことがあると思いますので、
もしそれで誤解を与えてしまったのであれば、この場で謝罪します。

厳密に言えば前年にRPGはありましたので、元祖ではありません。
しかし、単に普通のRPGにオマケとしてエロいCGがついたのではなく、
アダルトなRPGとして再構成されたのが『カオスエンジェルズ』であり、
その意味でならば元祖という表現は可能なのでしょう。

基本的なシステムはウィザードリィタイプの3D・RPGになります。
元祖でなくともアダルトゲームにおける最初期のRPGに違いはありません。
それなのに単にエロ要素を付加しただけの安直なゲームでなかったのが、
このゲームの凄いところでしたね。

この頃のRPGは、既にパーティ制が普及してました。
それを考えると一人で戦う本作は、一見寂しく思えるかもしれません。
しかしダンジョンの出来等、RPGの基本的な部分が良く出来ており、
非常に満足できる内容でした。
このRPGとしての基本的な作りの良さがなければ、
今日まで支持されることはなかったでしょう。

もっとも、そうは言っても、
ゲーム部分だけなら一般PCゲーの名作には及ばないわけで、
これだけだったら支持も限られたものになってしまうと思います。

基本的な作りの良さの上に、
上記の「アダルトなRPGとして再構成」したことが加味されたことで、
新しいRPGの可能性を見出したことが最大のポイントだったのでしょう。

具体的には、敵であるはずのモンスターが美少女で、
これをただ倒すのではなく、
襲うことが出来るという点でRPGとアダルト要素を美味く結合させたのです。

この美少女モンスターを襲うといった発想は、
その後のアダルトRPGにも結構引き継がれてますしね。
『カオスエンジェルズ』はやったことがなくても、
『闘神都市』シリーズとかをやった事のある人なら、
どんなプレイ感覚かは容易に想像できるかと思います。

88年というのは、『リップスティックアドベンチャー』の発売年でもあります。
これと『カオスエンジェルズ』の登場は、
エロCGだけで中身のないゲームの多かったアダルトゲーム市場に、
大きな影響を与えたのは間違いないのではないでしょうか。

ランク:A(名作)



関連するタグ PC88 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1312-3214f861
| ホームへ戻る |