ひぐらしのなく頃に解

ひぐらしのなく頃に解

『ひぐらしのなく頃に解』は2006年にWIN用の同人ゲームとして、
07th Expansionから発売されました。

2002年から1話ごとに発売されていましたが、
2004年の時点で「出題編」として4話を纏めた『ひぐらしのなく頃に』が発売。
本作はその「解答編」と題された後半の4話を纏めたものです。

ひぐらしのなく頃に 全部パック

「解答編」ということで完全に前回の続きの話になりますので、
全部を楽しむには両方を買う必要がありました。
両方と言っても、それでも普通のゲームの半分以下の金額で済みますけどね。
尚、その後に出た『ひぐらしのなく頃に礼』はオマケなので、
プレイしなくても支障はありません。

システムはノベル形式のADVになります。
選択肢はなく、ひたすら文章を読むだけです。
回りまわって最初のノベルゲーであるノベルウェアに戻った気もしますが、
下手に意味不明な選択肢で読むのを寸断されるよりは、
こっちの方が潔くてすんなり楽しめるのではないでしょうか。
私は基本的にゲーム性も求める方ですが、
マイナス要因になるくらいだったら、ない方が良いと思っています。
だから本作は決してプラスにもならないけれど、
ゲーム性で大きなマイナスにもならないのです。

グラフィックは立ち絵だけで、1枚絵とかはありません。
ここら辺はフルプライスのゲームと比べれば大きな減点ポイントですね。
でもその分だけ価格が安いので、両者で相殺ってとこでしょうか。
キャラデザは癖のある独特な絵柄ですが、
かえって怖さの演出にはちょうど良かったかと思います。
古い作品で『狂った果実』がありますが、
あのゲームの絵日記みたいな感じが近いですかね。
一見すると下手糞で幼げにも見える絵が、
逆にえもいわれぬ怖さであるとか狂気につながって見えるんですよね。
そういう点も加味すると、立ち絵はかなり良く出来ていたかと思います。

ストーリーの序盤は、いわゆるギャルゲーの日常みたいな笑える展開が続きます。
個人的にはかなり楽しめましたね。
で、肝心の核心部分なんですけどね。
当初は昭和を舞台にした推理+ホラーみたいな雰囲気だったし、
そういう方面で売り出していたと思います。
しかし、推理方面は期待したら駄目でしょう。

むしろホラー+アクションと考えた方が良いかと思います。
ギャルゲー的な萌える展開に、燃えるアクションシーン。
加えてホラーとしての怖さ。
どれもが良く出来てたと思うし、
今流行っている要素がことごとく詰まっていましたね。
なのであまり人を選ぶ内容ではなく、
商業的には多くの人に満足してもらえる作品だと思います。
今ヒットする名作はこうやって作れっていう、まさにお手本みたいな作品でした。

あえて苦言を呈するならば、「惨劇に挑め」という煽り文句が良くなかったかと。
前述の売り出し方と関連しますが、読者挑戦型のミステリーみたいな形をとり、
その意味で本作はゲームたりうるみたいなことも言っていました。
しかし、終わってみればそっち方面では最悪に近い出来です。
昭和の雰囲気も相まって昔ながらの推理物を期待した人もいたでしょうが、
そういう人には肩透かしもいいところです。
まぁ、正答率1%って時点で怪しかったんですけどね。
難しいから良い作品なんてのは見当違いも甚だしいわけでして。
あまりに低い正答率は単に情報を全然出していないか、
内容がトンデモすぎて論理的に答えが出ない場合です。
本作は後者ですからね、推理物としては全く楽しめませんよ。
期待させたものと全く異なる方向に持っていったということで、
どれだけ酷評されても仕方ないとも言えるでしょう。

ある意味リアルタイムでプレイするよりも、
後からどういうゲームかを知ってプレイした方が幸せという、
珍しいパターンのゲームかもしれないですね。
最初から読み物として、
ギャルゲー風味のホラーアクションとしてとらえていれば、
何の違和感もなく楽しめるでしょうから。

ランク的には、こういうのは難しいですね。
時期が離れてるので別物としましたが、
前半は面白かったけど完結してないので高得点はつけられず、
後半は技術的進歩がない上に拍子抜けしてしまってややもの足りず。
2004年の時点で最初から一緒に出ていれば、
併せて名作で良いとも思いますけどね。
とりあえず、今作だけでは佳作ということにしておきます。

出題編の頃には未完ゆえに高い点はつけられないかもしれないけれど、
次の作品は絶対に購入するという気持ちにさせてくれたものです。
今はその気持ちが正反対になりました。
こういう裏切り方をする人の作品に先はないよなと。
だから以降の作品もプレイしていないのですが、
評判を見ているとどうも悪い方向に裏切る癖があるようでして。
早々に見限って正解だったのかなと思いますね。

ランク:C(佳作)

ひぐらしのなく頃に ひぐらしのなく頃に解 ひぐらしのなく頃に 全部パック

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1307-a70e3662
| ホームへ戻る |