G1ジョッキー

G1ジョッキー

『G1ジョッキー』は1999年にPS用として、
光栄から発売されました。

競馬を用いたアクションゲーム、
或いはジョッキー体験をゲーム化した作品となるのでしょうか。

G1 JOCKEY

このブログでは全然触れてないけれど、
実は競馬を見るのが大好きだったりします。

競馬の騎手になるゲームっていうと、
当時既に『ギャロップレーサー』シリーズがありました。
GRシリーズも好きで、結構やったものです。

ただ、ギャロップレーサーは完全にレースゲームのノリで、
それを競馬にも応用してみましたってな感じのゲームだったんですね。
なので、もっと騎手の視点からのゲームもやってみたいなって
常日頃思ってたりもしたわけで。

そんな中、1999年に光栄がPS用として発売したのが、
『G1ジョッキー』なのです。

このゲーム、自分はジョッキーとして馬に乗るのだけれど、
どんなに上手く乗っても、どれだけボタンを速く連打しても、
弱い馬では勝てません。

でも、馬の能力(人気)を超える走りが出来たなら、
信頼を得て他にも依頼がやってきます。

逆に順位自体はそこそこ良くても、
大本命で負けたなら評価は下がってしまいます。

最初は勝てない日々が続くけど(ここがいきなり勝てるGRとの違い)、
少しずつでもコツコツと信頼を高めていければ、
依頼の数も増え次第に良い馬にも乗せてもらえるようになります。

長い下積みの果てに、ようやく巡ってきたチャンス。
それだけでも嬉しいけれど、
しかし負けたら次のチャンスは当分先になってしまいます。
この機会を絶対に逃すまいって、必死になりましたね。

私にとってのチャンスは「オサイチジョージ」でした。
現役当時のオサイチジョージには特に想い出はないんですけどね。

初めてG1で勝てそうな馬で騎乗依頼が来たのがこの馬でして。
結局、強力なライバルがいないことにも助けられ3冠を獲得。
転機となった馬だけに、オサイチジョージは忘れられないのですよ。

そこから一気に良い馬に乗れる機会が増え、
海外のレースにも勝ったり出来るようになりました。
好きな馬であるマヤノトップガンで凱旋門賞を勝ったときは、
凄く嬉しかったものですね。

ゲームシステムにはマンネリな部分もあり、
よほどの馬好き以外は飽きるのも早かったかもしれません。
一度コツを掴んでしまえば、
要所要所でボタンを押すだけの単調さが目立ちますからね。
とはいえ、こういう騎手視点でのゲームは当時他にはなく、
本作ならではの個性があったのも確かでしたね。

このゲームのジャンルに関しては、
最後には目押しに頼るってことから一応ACT扱いにしておきます。
ただ上記のような本作の魅力からは、
間違いなくACT好きよりSLG好きやRPG好きの方が向いてるでしょうし、
名作と呼ばれるに相応しいだけの内容を伴った良い作品でした。

G1 JOCKEY

関連するタグ PS /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1306-cc8ae6f1
| ホームへ戻る |