シュタインズ・ゲート

シュタインズ・ゲート

『Steins;Gate』(シュタインズ・ゲート)は2009年にXBOX360用として、
5pb.から発売されました。

家庭用オリジナルのADVとしては久しぶりに話題になった作品ですね。

stein02s.jpg
近年のノベルゲーは似たようなジャンルのものばっかりで、
どれも同じに見えてくるんですよね。
萌えか燃え(バトル)かトリック物ばっかり…
そういうジャンルも好きで一杯プレイしてきましたが、
それ以上に偏ってそれしかないって状況になっていくのが、
私には耐えられないのです。

本作はいわゆるSF物になります。
昔はSF物って結構多かったのですが、
今では本格的なSF物は滅多に発売されません。
ノベルゲーでは特にね。
そんな中で萌えや燃えといった安易な流行路線に頼らず、
しっかりしたSF物を作ってくれたことは素直にありがたいです。

また、安易な流行路線にひよらないって点は、
グラフィックにも当てはまります。
味のあるキャラデザですが、正直萌えるキャラデザではないでしょう。
しかし、本作の雰囲気にはばっちり合っていました。
作品内容に合った原画を使うというのは本来当然のことかもしれませんが、
最近は作品内容と全然合ってないデザインも多いですからね。
だからこそ、余計にも本作が際立って見えた気がします。

また、本作はXBOX360での発売でした。
同じような内容であっても、演出次第で別物に見えることもざらにあります。
XBOX360という今の先端の機種で楽しめるってことは、
それだけでも新鮮にも感じられましたね。
携帯を使った画面演出なんかは、XBOX360の高解像度があればこそですから。

そしてシステム面です。
テキストを読んで途中で出てくる選択肢を選ぶ。
中には意味不明なものもあり、どこで分岐してるかも分かりにくい。
しかも、キャラが選んだ内容と違う行動をとったりもする。
そんなノベルゲーばかりが増えていっていますよね。
もうすっかり飽きてきたシステムです。
いい加減どこかで転換が必要とも思うのですが、
本作はその点にも着手してきました。

本作は、途中で意味不明な選択肢は一切出てきません。
携帯メールの着信とそれにどう応じるかで分岐が生じるのです。
携帯のメールは無視も出来ますから、
従来の選択肢のように物語の進行を阻害することもなく、
自分のペースで進めることが出来ます。
また携帯という日常アイテムをゲーム部分に使うことで、
ゲームとストーリーが密接に関連し不自然さも感じなくなります。
加えてメールをするかしないかで明確に結果が変わってきたりしますから、
自分がゲームをしているんだという気にもなれました。
これは本当に良い発想でしたね。

ストーリーのジャンル、グラフィック、ゲームデザイン…
至る所で近年の偏った流行に対する疑問とそれに対する解法が示された、
近年のノベルゲーに対するアンチテーゼ的な作品。
そう捉えるのは考えすぎでしょうか?
でも少なくとも私は、最近ノベルゲーに対する興味は失せていたのですが、
この作品をやることでノベルゲーはまだまだ可能性が残っているんだと、
そう感じられたんですよね。
幾つか問題もありますが、本作は存在自体に意義のある作品でした。

というわけで大枠では好印象なのですが、
それと評価は必ずしも直結しません。
本作の場合は各論的な個々の部分に問題があったからです。

まずは一番絶賛されているストーリー部分ですが、
SF作品を本当に嫌う日本人はあまりいないでしょう。
本作の扱うタイムリープ物は定番中の定番として昔から好まれていますしね。
だから、題材的には多くの人が楽しめると思います。
また細かく用語の解説が付いていますので、
ハードSFが陥りがちな初心者お断りな雰囲気もないですしね。
なので、SFに馴染みがないライト層でも話に着いていけるでしょう。

しかし、一方でその割にはハードなSF好きも意外に少ないかと思います。
最近ノベルゲーではあまりないから新鮮に感じられたかもですが、
タイムリープ物全般に詳しい人が本作をプレイした場合、
SF的な観点からは特に得られるものはないかと思います。
思ったより浅いというかこじんまりとした内容で、
それ程優れた物でもないんですよね。
SF的要素は目的ではなく手段として用いられており、
結局最後は感動系にもっていって終わりって感じですし。
SF的観点から何か新しいものが得られるって感じではないので、
SFに詳しければ詳しい人ほど逆に楽しめないのではないでしょうか。
だから、ハードSF好きには物足りないと思うのです。
初心者でも大丈夫な配慮があるというのは褒めるべきですが、
SFに詳しい人ほど楽しめないSF作品というのは、
やっぱり個人的には評価しにくいんですよね。

また感動系として見ても、特別にこれっていうのも感じられなかったです。
他にも伏線が一杯張られているとか、
あっと言わせるトリックがあるってわけでもないですしね。
どうにもインパクトが弱いというか予想がついちゃうというか、
全てが想定の範囲内で終わってしまったんですよね。
しっかり手堅く纏めている点は評価できますが、
想定の範囲内で終わってしまった点はやっぱり物足りなかったです。

それと、評判だけ聞いて事前情報の少ない人は注意すべきことがあります。
基本的に本作は中二病(公式設定でこうなっています)の主人公らのもと、
会話中に2ちゃん用語やニャンニャンという言葉が平然と飛び交う世界です。
仮にストーリー自体は良いと感じられるとしても、
これでは肌に合わないよって人も結構いるかと思いますので、
購入前には必ず体験版か何かで雰囲気を確認する必要があるかと思います。
そういう意味では、どうしても人を選ぶ作品だって事も間違いないでしょう。

私は言葉遣い自体は大丈夫だったのですが、
単純に中身の会話のネタがつまらなかったです。
これ、一体いつ面白くなるんよ?って最初は不安でしたし。
トゥルーエンドまで行った場合全部で11章あるのですが、
話が動き出して面白くなっていったのは6章あたりからでしょうか。
前半は退屈で、結構眠くなることもありました。
後半は良かったんですけどね。
う~ん、これはバランスが悪かったんでしょうかね。
多くの人も褒めてるように、終盤は良いのです。
ならば良い部分で勝負して、
そうでない部分はもっとコンパクトにするべきでした。
前提にすぎない前半の量を半分以下に纏めてくれたら、
もっと印象も良くなったんでしょうけどね。
ちょっとだらだらしすぎて、メリハリに欠けていたのかなと。
終わりよければ全て良しな人なら構わないでしょうが、
実質的に楽しめた割合も含めて考えるとあまり優れているとは思えないです。

また、グラフィックも原画が良かった点はプラスですが、
それ以外の面では他作品と大差がないんですよね。
なので、これをもって強力な長所とまでは言えません。
音声も上手くマッチしていましたが、
声の大小にバラつきがあり個別の調整も欲しくなりましたし。

ついでに言うと、システム面も微妙に痒いところに手が届かないような…
スキップがいらないところで強制解除されたり、
必要なところでそのまま進行したりで、ちょっと不便でした。

ゲームデザイン面も、携帯をゲーム攻略に使ったADVは既にあったりします。
もっとも、それは分岐に用いられたわけではないので、
本作の価値にはさほど影響しないですけどね。
ただ、巷に溢れかえっているノベルゲーよりは評価できても、
本作よりもゲーム性の優れたADVは幾らでもあります。
まだまだこのシステムも改善する余地はあるでしょう。

まぁ、大体こんなところでしょうか。
個々の部分の出来は良いところもあれば悪いところもあるので、
トータルでは並ってところでしょうか。
ストーリー自体は凡作程度にしか思えなかったのですが、
冒頭で書いた価値がありますので、総合では佳作としておきます。
まぁ、最近はSFものが少ないですから、
褒めるにしろ貶すにしろ、やってみる価値は十分にあるかと思いますね。

ランク:C(佳作)

シュタインズ・ゲート

関連するタグ xbox360 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1305-1103796b
| ホームへ戻る |