冥色の隷姫 ~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~

冥色の隷姫 ~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~

『冥色の隷姫 ~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~』は2005年にWIN用として、
エウシュリーから発売されました。

この頃までは、エウシュリーは好きなブランドだったんですよね・・・

ゲームジャンル:戦略+調教SLG
冥色の隷姫

具体的な時期は忘れましたが、
エウシュリーが今後の予定って何本か一気に発表して、
本作はその中の1本だったんですよね。

その頃のエウシュリーのS・RPGは好きでしたし、
ジャンルとしての調教SLGも大好きなので、
発表された中でも1番期待していたのがこの作品でした。

いや、毎度のことではありますが、
新作発表時って無駄にテンションが高くなりますからね。
今までのゲームに調教SLGも加わったら最高だろとか、
ただ単純に思ってしまったんですよね。

ただ、二兎追うものは一兎をも得ずとはよく言ったものです。
いろんな要素の付加されたSLGは、
大抵はどの要素も薄味になってしまうんですよね。

本作の調教対象であるヒロイン自体は、凄く好みだったりします。
そもそもゼロ年代前半までのエウシュリーのキャラは、
好みな場合が多いのですよ。
人によっては不評なみたいだし、私も決して上手いとは思わないのですが、
何か好きなんですよね。
その中でも今回はツボなデザインだったし、
それを調教できるってだけでも結構楽しめちゃうのです。
なので私の主観面だけで言うならば、結構楽しめたようにも思います。

しかし冷静に見てみると、
ゲームとしてはやっぱり物足りなかったのかなと。
いろいろやろうとして、
結局戦略面でも調教面でも底の浅い作品になってしまいました。

ということでいろいろ不満もあるのですが、
好きな要素が詰まっているだけに何だかんだで結構楽しめたのかなと。
よって総合でも良作としておきます。
思えば、エウシュリーのゲームを心底楽しめたと言えるのは、
この作品が最後だったのかなと思います。
以後のゲームもやりこみ要素とかは凄くなっているのですが、
どうも私の求めるものとはどんどん離れていっていますからね。
今にしてみれば、まとめて予定が発表されたあの瞬間が、
一番わくわくしていたように思いますね。

ランク:B-(良作)

冥色の隷姫

関連するタグ WIN /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1304-93f9bfc2
| ホームへ戻る |