ZORK NEMESIS (ゾーク・ネメシス)

ZORK NEMESIS (ゾーク・ネメシス)

『ZORK NEMESIS (ゾーク・ネメシス)』は1996年にWIN用として、
アクティビジョン・ジャパンから発売されました。

オリジナルの『ZORK NEMESIS』も96年なので、
世界レベルでの発売を視野に、すぐに移植された作品と言えるでしょう。

zorkN1s-.jpg

<概要>


世界最古の商業ADVとして有名なゾークシリーズ。
当初のゾークはコマンド入力式のテキストADVであり、
80年代を中心に数作が発売されました。

それから6年が経ち、93年に『Return to Zork』が発売されました。
そして『Return to Zork』 からジャンルがインタラクティブムービー、
ないしMYST系ADVになりました。
本作は『Return to Zork』 の次に発売された作品であり、
同様にMYST系のADVとなります。

尚、シリーズとは言え、作品間につながりはありませんし、
後述するように、本作はシリーズの中でも異色な存在なので、
シリーズ他作品をプレイしていなくても全く問題ありません。

<グラフィック>


マルチメディア云々といった言葉が巷に溢れかえり、
CDが普及してWINDOWSも普及しだした頃。
それまではゲームとは縁のなかった人たちも、
様々な可能性を求めてゲーム市場に挑戦してきました。
そしてその中には、ハリウッドで映画やドラマを製作している、
若手達の姿もありました。

本作に参加しているメンバーの中にも、
ジョー・ナポリターノやマウロ・ボレッリという名前があります。
詳しい経歴は説明書に書いてあるのですが、
ちょっと見つからないのですみません。
『X-FILE』の映像にかかわっているとか、そういう人たちです。

どんな分野でもそうですが、
優れた人材が集まることが発展にもつながるのでしょう。
ADVは、特に国内のADVなんかは、
今は優れた人材が他分野に流出するばかりであり、
他分野からADVを作ろうと参入する人はいないですからね。
それが何とも残念な状況でもあるのですが、
とりあえず海外の90年代のADV事情としては、
こうした新しい才能が加わることによって、
飛躍的に進化していったのだと思います。

映像の専門家が歴史あるシリーズの最新作に挑んだだけあり、
本作には美麗なCGが多数存在します。
しかし、単にCGが綺麗なだけではありません。
本作は何と、水平360度パノラマ映像だったのです。
最高レベルのCGなだけでなく、
その映像でシームレスに360度グルリと見渡せたんですね。

当時におけるインパクトは凄かったし、
その世界にいるんだなって臨場感は抜群でした。
この360度パノラマ映像は、確か業界初だったとのことです。
パッケージにそう書いてありましたからねw

この後、ADV業界は飛躍的に進化していきます。
翌年には全方向360度パノラマ映像も出現しますしね。
そのため、本作の特徴の持続時間はとても短かったと言えるでしょう。
なので、今となっては普通のゲームにしか思えないかもしれません。

しかしながら、業界初の偉業に間違いはありません。
私が当時受けた衝撃だって、
後の作品に影響を受けるものではありません。
このゲームから受けたグラフィックのインパクトは、
私にとってはFF7以上だったのです。

<世界観>


さて、古くからのPCのADVファンならば、
ZORKの名前を知らない人はいないでしょう。
何と言っても、テキストADVの基礎を作った作品ですからね。
その後も何作も出ていますし。

そのテキストADVの代名詞的存在でもあるZORKシリーズですが、
『Return to Zork』からシステムが一新されます。
本作もその流れをうけてまして、
インタラクティブムービーというか、MYST系のADVになっています。
テキストADVではないので、
従来からのファンにはどうなのかという問題はあるでしょう。

また、ZORKシリーズの世界観ってどこか不条理というか、
微妙に馬鹿ゲーっぽい雰囲気があるんですよね。
それに比べ、本作は寺院を舞台としつつ、
荘厳な雰囲気を醸し出しています。
その雰囲気の違いがZORKっぽくないため、
これまた従来のファンの中には抵抗のある人もいたでしょうね。

もっとも、そうした抵抗がない場合には本作は秀逸でした。
このZORKっぽくない雰囲気は、
逆に単品としての完成度や独自性を感じさせてくれますし、
荘厳な独特の雰囲気自体も個人的には好きでしたね。
こういう雰囲気のゲームは、他では意外と見かけない気がしますし、
本作の大きな魅力と言えるでしょう。

<感想・総合>


また、MYST系ADVとして見た場合でも、
パズルの出来が他のMYST系より優れていました。
(攻略本が付属してくるので、それを見ちゃうと台無しですけど)
まぁ、本家MYSTには及びませんが、それはどのMYST系も同じですしね。
そこは割り切った方が良いのかなと。

MYSTのヒットにより、MYST系は一杯発売されました。
そんな中にあっても本作は、
本家を除くMYST系の中でもかなり上位に位置すると思われます。
加えて日本語化された作品となると、
更にその数は絞られますからね。
そういう意味では、MYST系のADVをプレイしたいって人には、
本作は間違いなくオススメの1本だと思うのです。

ランク:A(名作)

ゾークネメシスゾークネメシスの詳細をAMAZONで見る

Win95 CDソフトゾークネメシス

関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1301-a92c4a2d
| ホームへ戻る |