コンサート

コンサート

『コンサート』は1994年にPC98用として、
アーヴォリオから発売されました。

音楽というのはゲームにつきものなわけですが、
そのわりには音楽をテーマにしたゲームは少ないように思います。

<概要>


concert01.jpg

もっとも、少ないようだって言うだけで、
ポツポツと忘れた頃にどこかしらが出してたりもするんですよね。
近年で言えば工画堂のミュージックアドベンチャーシリーズとか、
ノベルならキラ☆キラであるとか。

本作もそんな音楽を扱ったゲームで、
上に挙げた作品を足して2でわったような路線ですかね。

<ゲームデザイン>


ジャンルはADVなのですが、
RPGのように大きめのマップ内を直接移動させるタイプです。

そう聞くと当時の人なら同級生を連想してしまうものですが、
本作には時間の概念はありません。
イメージ的には、RPGの町の中でうろついている感じですね。

ストーリーはロックバンドのリーダーとなって、
5人の女の子と共にメジャーを目指すってものです。

私が普段重視することの1つに、そのテーマに対して、
そのゲームジャンルやシステムは相応しいのかというのがあります。
読むしかできない小説じゃないんだから、
幾らでも工夫のしようがあるわけですからね。

メンバー集めに人々との交流、
バンドによる演奏を空間的にも表現しようとしたことで、
この作品にRPGっぽいシステムを導入した意図は成功だと思います。
その点だけでも、ただのノベルゲームより格段に印象が良いです。

ただ、手段の選択は正しかったのですが、
その選んだ手段の中身が問題だったわけでして。

ストーリーは普通ってところなのかもしれませんが、
ゲーム部分が退屈でね。
ときおり画面クリック的要素もあったし、
いろいろやろうとした意欲は評価したいところなのですが、
どれもこれも作りこみが甘いんですよね。
『同級生』は別格としても、この年には『不揃いのレモン』とか、
他にも直接移動させるタイプのゲームがあるわけです。
同じシステムでも良し悪しがあるわけで、
本作はどうしても見劣りしてしまったんですよね。

<総合>


ゲームの出来自体は必ずしも良好とは言えないかもしれませんが、
安易にコマンド選択式やノベルゲームにしなかった点、
当時は音楽をテーマにしたゲームが珍しかった点を評価して、
ギリギリ良作としておきたいと思います。

こういうのはね、実に勿体無いですよね。
目の付け所が良かっただけに、何でこうなったって思っちゃいますし。
大手が作っていたら凄い名作にもなりえたかもと思うと、
どうしても残念に思っちゃうのですよ。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト コンサート

関連するタグ PC98 /ADV /移動式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/13-93a51416
| ホームへ戻る |