ロマンスは剣の輝き -THE LAST CRUSADER-

ロマンスは剣の輝き -THE LAST CRUSADER-

『ロマンスは剣の輝き -THE LAST CRUSADER-』は、
1995年にPC-98用としてフェアリーテールから発売されました。

続編がWIN用の一般向けとPS用に発売されているので、
知名度自体は続編の方が高いかもしれませんね。
でも、出来は断然こっちが上だったと思いますけど。

romaturu01s.jpg

<感想>


システムはタクティカルコンバットを採用したRPG。
意味が分からない人は、
イメージ的にRPGとS・RPGの中間ややRPGよりと考えれば良いかと。
この部分だけで名作と言える程優れているわけではありませんが、
普通のRPGには飽きていた頃ですからね。
タクティカルコンバットを採用した本作は、
普通のRPGよりは楽しめましたね。

加えて、本作はマルチエンドでした。
幼馴染と王女の2人のヒロインのどちらを選ぶかという、
ある意味永遠のテーマである分岐ですよね。
マルチエンドのRPG又はS・RPGって少なかったことも考えると、
ゲームデザイン的には結構頑張ってたのかなとも思ったり。
私は結構満足して楽しんでましたね。

因みに、続編は王女を選んだことが前提となっていまして。
幼馴染派の人にはショックな設定でしたね。

romaturu02s.jpg

ストーリーは典型的なファンタジー物ですが、
水準よりはやや上だったかと思います。
どちらかというと、キャラの魅力で引っ張るタイプでしょう。
キャラは可愛かったですね。
98時代のフェアリーテールってことで、
CG自体の出来も良かったですし。
バランス良く適度にエロシーンもあったので、
キャラの魅力と相まってだれずに楽しくプレイできました。

そうですね~感覚的に言えば、
近年で言えば『うたわれるもの』のプレイ感覚と似ているんですよね。
長所も短所も傾向が非常に似ていると思います。
しいて言えば、若干うたわれの方がストーリーは良いですが、
その分ゲームはこちらの方が上ですかね。

<総合>


話がそれましたが、
そんな感じのゲームだったよってことです。
総じて、基本的には穴のないよく纏まった良作タイプと言えるでしょう。
ただ、私は好きなキャラが多かったので、
CGやキャラの分のポイントが高くなって名作と判断したって感じですね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト ロマンスは剣の輝き

関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

この作品は、ワンシーンで非常に強烈な印象を残して、もう一つのシーンで、シリアスの中笑いを取りに行ったのが強烈に残ってますね。

一つは、主人公の姉代わりさんがHシーンの後、生け贄になるところ。
そりゃーないだろぉって発狂した記憶があります。
続編で生きてましたが、その生きてた理由もお腹に子供が宿っててそっちが死んだ……で、なんとも言えない気分でしたね。

そしてもう一つは、ヒロイン選択で幼なじみを選択して最終盤へ行ったとき。
シリアスな中、クローン培養の証拠がある!お前には臍があるまい!!
な、なんだってー!!

のシーン。
アカンやろ、そこで笑いを取りに行ったらw
と思ったので印象深かったですね。
あと、当時アイデスシステムは、非常に完成されており、メインメリを540KB程度確保していれば、普通にHDD起動できたのを覚えています。
これが実に素晴らしかった。

マイクロキャビンのサーク3やエルムナイトの580KB~600KB無いとダメって言う凶悪な環境に比べたら天使でしたね(笑)

忙しかったことから、返事が遅れてしまい、すみませんです。

95年は、何かしら濃いゲームが多かったですからね。
本作は、その中ではわりとライトな印象もあるのですが、
他のゲームに埋もれないだけのインパクトはあったってことですね。

続編は18禁でなくなってしまったことから未プレイでして。
ずっと気にはなっているのですが・・・
でも、そんなことになっていたんですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1299-d2b6d1d9
| ホームへ戻る |