ソードワールドPC

ソードワールドPC

『ソードワールドPC』は1992年にPC-98用として、
T&E SOFTから発売されました。

ソードワールドという名前は、ゲーム機だけだと馴染みがないかもしれません。
でもTRPGをプレイする人や、当時の富士見書房のラノベを読んでいた人には、
かなり有名な名前でもあったわけでして。

ゲームジャンル:RPG
PC‐9801ゲームリバイバルコレクション

私はテーブルトークRPGは本当に少しだけ齧った程度なので何も言えないのですが、
小説の方は何本か読んだことがありますので、
どちらかと言うとその印象が強いって感じですね。

そして本作は、そのソードワールドの世界をCRPG化したものでした。

さて、ゲームの内容なのですが、
如何せんソードワールドのCRPG化なわけですから、
テーブルトークRPGの色が濃く表れていました。

まずはミッションクリア型と呼ばれるように、
幾つものショートストーリーを自由に進行できることが挙げられます。
国産RPGの多くはストーリー主導でしたので、
この自由度の高さは本作の最大の特徴とも言えるでしょう。

尚、シナリオは全部で50本強あるとのことですが、
これは容量等の関係で削られた結果みたいでして。
当初は100本を予定していて、
『ソード・ワールドSFC・PC全シナリオ100本集』というタイトルで、
後に書籍で発表されています。
その本は読んでいないので分からないのですが、
100本全部あれば良かったんですけどね。
ついでに、本作をSFCに移植したソードワールドSFCがあるのですが、
ストーリーが更に半分ほどに削られているようなので、
個人的には全くオススメしません。

また、戦闘ではなくシナリオをクリアすることで経験値を得ることとか、
装備にパラメーターを満たす必要があるとか、
そういった辺りも影響が見て取れました。
ここら辺は馴染みのない人には抵抗もありえたでしょうが、
個人的には新鮮さがあって良かったように思います。

総合では良作ってところでしょうか。
この年は自由度重視のRPGも幾つか出てきていて、
それだけではあまり大きなポイントにならないこと、
及び他の特徴も結局はテーブルトークRPGの流用であることから、
あまり大きな点につながらないこと、
それでもプラス分はあるのですが、
若干の重かったりすることもあり、そのマイナス分と相殺って感じですね。

なので多少重くても気にならない人で、
もっと自由度重視の人や、他のゲーム機のRPGのシステムに不満がありつつ、
テーブルトークRPGが好きな人などには、もっと楽しめたと思います。
そういうわけで、個人的には良作としておきますが、
魅力は非常に秘められた作品だったように思いますね。

因みに、今となっては98ゲーはプレイしにくくなっていますが、
本作は「PC‐9801ゲームリバイバルコレクション」に収録されています。
この本は私も購入しましたが、こうやって手軽に遊べることは嬉しいものですね。

ランク:B-(良作)

PC‐9801ゲームリバイバルコレクション

関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1298-64f73cec
| ホームへ戻る |