AS エンジェリックセレナーデ

AS エンジェリックセレナーデ

『AS~エンジェリックセレナーデ』は2002年にWIN用として、
工画堂スタジオから発売されました。
制作はくろねこさんチームになります。

『エンジェリック・コンサート』に続く、
ミュージックアドベンチャーの第2弾になりますね。

angelics01.jpg

<感想>


ジャンルはADVで、直接街の中を移動させるタイプです。
またミュージックアドベンチャーということで、
ミュージックアクションパートがあります。
画面上に流れてくる音符に合わせてボタンを押すといったもので、
単純なのでしょうがACTの下手な私には結構きつかったり。

物語的には、魔法世界の土の国にある小さな街フォンティーユを舞台に、
主人公が失われてしまったであろう「何か」を取り戻すまでを描く…
といった感じになります。

基本的にストーリーは普通ってとこでしょうか。
テーマである音楽とゲーム性を連動させようという発想は好きなのですが、
その実際のゲーム性やストーリーは、
悪くもないけど良いとも言い切れない感じでした。
基本的には可もなく不可もなくってことで、
印象の薄いゲームなんですよね。
まぁ、ラスティは工画堂でも屈指の名ヒロインだと思いますけど。

しかし、そうでありながらも強烈な1点でもって、
今でも印象深く覚えていたりするわけでして。
それが何かというと、オリジナル版の主題歌です。
主題歌の「天使の歌う小夜曲」がたまらなく好きだったんですよ。
もっと言えば、デモで流れてた頃からの話になりますね。



実は発売前から注目していたにもかかわらず、
購入したのは発売からもかなり経ってからでした。
その間ずっと、お店の前のデモを何度も見てましたっけ。
ゲームそのものよりも、
あ~よく長いこと店にいすわってデモを見てたよな~って、
そっち方面で妙に思い出深いんですよね。
あの頃秋葉原で同じようにデモを何度も見ている人がいたら、
もしかしたら一緒に見ていたかもしれませんね。

因みに、ASは後にDVD版が発売されていますが、
大人の事情でOPとEDが別のものに替わっています。
変更せざるを得なかった事情も十分に理解できますし、
ゲーム全体では底上げされているのでしょうから、
何も知らない人ならDVD版の方が楽しめるのでしょう。
だからDVD版を否定するつもりはないのですけどね。
それでも私にとってのASは、
やっぱり「天使の歌う小夜曲」と同義に近いわけでして。
それがなくなってしまっては、もはや何の意味もないのです。
あくまでも個人の感想ではありますが、
だからいつまで経ってもCD版しか興味が持てないのですよ。

まぁ、ゲーム自体の出来はせいぜい佳作程度でしょう。
ストーリーだけなら良作とも言えるでしょうが、
実際のゲーム部分が足をひっぱてましたしね。
しかし、ノベル全盛でどこもノベルゲームばかりになる中で、
あえてそうでないADVを作ろうとした意欲、
そして何年経っても忘れられない主題歌を評価し、
トータルでは良作としておきたいと思います。

ランク:B-(良作)

AS~エンジェリック・セレナーデ



関連するタグ WIN /ADV /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1289-6b8135dc
| ホームへ戻る |