韋駄天いかせ男 2.人生の意味

韋駄天いかせ男 2.人生の意味

『韋駄天いかせ男 2.人生の意味』は1989年にMSX2用として、
ファミリーソフトから発売されました。

あの元祖爆笑&電波ゲーであるいかせ男の第2弾ですね。
サブタイトルにあるように、まさに人生を扱った作品でした。
ikase201.jpg

<概要>


本作は、韋駄天いかせ男シリーズの2作目になります。

いかせ男は、ブラジルの農園で働いているところを、
巡業中の韓国人レスラーに見出され、日本にやってきた男なのです。
幼い頃に狼に育てられたために片言の日本語しか話せないものの、
動物的感により言葉だけで相手をイカすことが出来るのです。

主人公は共通ですが、ストーリーそのものは独立していますし、
バカゲーっぽい作品ですので、本作からのプレイで全く問題ありません。

ジャンルは一応ADVになるものの、かなり風変りです。
ADVというより、数字合わせゲーと言った方が分かりやすいかも。
具体的には、3つの2桁の数字を入力し、
その数字に対応した単語が組み合わさることで文章になり、
ゲージが変動していきます。
前作と同じなので、詳しくはそちらをお読みください。

やっていることは同じなのですが、
シュールかつセンス溢れるテキストには更に磨きがかかり、
前作ファンなら間違いなく楽しめる作りになっています。

<ストーリー>


今回のテーマはサブタイトルの通り、ずばり「人生」です。

ikase203.png

主人公の岡崎満理亜2世は、前作に出てきた岡崎麦子のお姉さん。
物語は彼女の母親が満理亜2世を身篭るところからはじまります。
両親の新婚初夜の日、ベッドにいかせ男が登場します。
設定的には生霊みたいな感じですかね?
何かもう、生物とか、そういうものは超越しちゃっています。
で、いかせ男によっていかされた母親は、処女受胎しちゃいます。
旦那とはやってないし、いかせ男は言葉でいかせるだけですからね。
そういうことになるんでしょう。
母親のあそこから、にゅ~っといかせ男の腕が出てきてピースしてる光景は、
何ともシュールでしたね。
いかせ男は生まれてくる子供に「満理亜2世」と名付けるよう言残し、
去っていきます。

ikase204.png

いかせ男と満理亜2世の出会いは、小学校の入学式になります。
そこで満理亜2世は、初めていかされてしまいます。

ikase205.png

それ以降、いかせ男は満理亜2世の一生を通して、つきまとうことになるわけで、
満理亜2世の一生を通してみることで人生とは何かを考えるのです。

ikase206.png

母親はバイブが爆発して死亡し、父親は海外で流れ弾に当たって死亡するなど、
満理亜2世は早くに両親を亡くすことになりますが、
国税官の旦那様と結婚したり、
その美貌を活かしてテレビのキャスターとして人気を得たりします。
そして最後は、いかせ男がお迎えにきて十字架に磔にされてしまうわけで、
まぁ相変わらず、わけのわからん展開だったりします。
ここら辺はかなりキリストと重ね合わせて作られている感じですね。
深いようでいて、やっぱり電波としかいえないストーリーなのですが、
テキストセンスが秀逸なので、楽しめちゃうんですよね。

ikase208.png

<感想・総合>


長所だけなら名作級の勢いはあるのですが、
システム的な長所も短所も前作と一緒なんですよ。
繰り返しになるので今回は省略しますが、
楽しさもある反面、やっぱり最後は苦痛でした。
今回もまた、合う人と合わない人がハッキリ分かれるでしょうね。

それに同じ年に続編が発売されていますので、
そっちを名作とすれば十分なのかなって気もするわけでして。
そういうわけで、一応良作としておきます。

ikase210.png

まぁ、馬鹿ゲーではあるんですけどね、
それでも最後の苦悩するいかせ男は無駄に印象的でした。
人にはすすめないけれど、妙に好きなゲームでしたね。

ランク:B(良作)

中古PC-9801 3.5インチソフト韋駄天いかせ男 2 人生の意味

関連するタグ ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1285-74f5374f
| ホームへ戻る |