Genji

Genji

『Genji(ゲンジ)』は1988年にPC-88用として、
HOT・B(ホットビー)から発売されました。

『DNA』でストーリー物として楽しめるアダルトゲームを作ったHOT・B。
その次となる本作は、タイトルにあるように源氏物語をモチーフにしています。

genji11.jpg

<概要>


『DNA(ドナ)』がSF物で内容も良かっただけに、
プレイ側としてはSF物を望みたいところでもありますが、
作る方としてはこういうのが作りたかったんでしょうね。
『妖姫伝』といい、『電脳水滸伝』といい、『闇の壱与伝説』といい、
基本的に伝奇物が好きなんでしょう。

もっとも、『妖姫伝』でオカルトとエロスを融合させたHOT・B。
『DNA』では、更にSF物の要素も融合させてきました。
そうなってくると、当然本作もただの伝奇物では終わりません。
推理・SF・官能・怪奇・歴史と、実に様々な要素が含まれています。

ここで基本部分を説明しますと、
ゲーム部分はコマンド選択式のADVとなります。
ストーリーのメインは推理。
主人公は光源氏で、朝顔を犯して殺した犯人を捜すことになります。
簡単に言えば、源氏物語の登場人物を使って、
推理ADVを作ってみましたってところですね。

<感想>


ただ、若干ネタバレにもなるのですが、
実は犯人は歴史を変えるために未来から来た人間で、
事件を解決するためにタイムパトロールと組んで、
タイムマシーンで中国に行ったりもします。

伝奇物としての雰囲気を求めるとちょっと予想外に感じてしまいますが、
基本的に何でもアリの総合エンターテイメントと考えるのが、
このゲームを楽しむ一番のコツなのではないでしょうか。

そんなわけで、本作はいろんな要素が含まれており、
基本的には楽しめる作品と言えるでしょう。

しかし、何でもありな分、
ちょっと主張がぼやけてしまったかもしれません。
『DNA』のようなテーマに沿ったストーリーの良さは影を潜めていますし、
結局は普通の推理物とも言えちゃいますしね。

それでも官能的でエロエロな展開にしてくれれば、
独自性ももっと出てきたと思います。
しかし残念ながら、予想よりはエロくないんですよね。
せっかく源氏物語を題材にしているのですから、
これは非常に勿体無かったです。

<総合>


総じて、普通に楽しめる作品ではあるけれど、
何でも入っている分個々の要素が薄味になってしまい、
特徴に乏しい作りとなってしまったゲームという感じでしょうか。
1本のゲームとしては良作扱いでも構わないのでしょうが、
『DNA』の後だっただけに、少し残念に感じてしまった作品でしたね。

ランク:C(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト Genji

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1282-449e6b34
| ホームへ戻る |