天使たちの午後6 ~My Fair Teacher~

天使たちの午後6 ~My Fair Teacher~

『天使たちの午後VI ~My Fair Teacher~』は、
1993年7月20日にPC-98用として、ジャストから発売されました。

ジャンル:コマンド選択式ADV
備考:サスペンス 学園 

tengogo6-02.jpg

美少女ゲームの元祖として、
以後長く続いてきた天使たちの午後シリーズも、
ナンバリングタイトルとしてはこれが最後になります。
まぁ、シリーズとは言っても特に繋がりはないので、
あまり関係ないのかもしれないですけどね。

さて、本作の主人公は高校の教師になります。
教え子に手を出して孕ましてしまったことから、
前の学校を辞めてその教え子と結婚。
そして新たな赴任先として、
名門の女子高の教師として迎えられるところから始まります。

をいをい、そんなのありえないだろ、
何て勝ち組なんだよって思わざるを得ない設定ですよね。

しかも、この主人公の元教え子である妻は、
どうみても幼女にしか見えません。
一応設定上は合法ロリなんでしょうが、
見た目だけでなく行動も思考も幼女そのものです。
これは、一部の人には堪らない設定でしょうね。

っていうか、ここは属性があるか否かで印象がかなり変わる気がします。
完全におままごとの延長というか、本当にお子様なんですよ。
この手のゲームにありがちな幼女ではなく、
変なところでリアリティがあるんですね。
だから本物の聞き分けのできないお子様を相手にしたときみたいな、
あのウザったさがあるのですよ。
見た目は子供でも中身は大人な合法ロリこそ最強。
当時は合法ロリなんて言葉はなかったと思いますが、
そう感じちゃうような妻でしたね。

ストーリーは一応サスペンスものになるのでしょうか。
主人公の赴任先でレイプ事件が多発。
偶然現場に居合わせた主人公は、
巻き込まれるようにして結果的に事件を解決していくことになります。

まぁ、正直ストーリーはそんなに良くないです。
キャラも個人的には若干好みではありますが、
客観的に見ると結構あちこち崩れています。
ゲームはコマンド選択式ですが、極めて簡素化されています。

伝統のあるシリーズにしてはお粗末というか、
天午後の冠が付いていなければ、
おそらくスルーされちゃうだろうなって出来です。
これは残念でしたね。

際立った特徴もないですし、
総合的には凡作程度の出来でしかないでしょう。

tengogo6-01.jpg

ただ、それでも一応今でも褒めるべき点はあります。
このゲームは、出てくる女の子に対し、
犯すという類のコマンドが出てきます。
安易に選ぶとゲームオーバーになっちゃうこともありますが、
ちゃんとCGとHシーンも用意されています。
プレイヤーの意思を尊重してくれる点、
出てくる女の子が皆脱いでくれる点は、
今のゲームも素直に見習うべき点でしょうね。
一定の間隔でHシーンが出てくるからプレイにもメリハリが出てくるし、
フラグが厳しくないのでサクサク進みますから、
ストーリーの出来のわりには楽しめたかと思いますね。

ランク:D(凡作)

FMTソフト 天使たちの午後6

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/128-0ff1a90c
| ホームへ戻る |