憂楼 (ユーロウ)

憂楼 (ユーロウ)

『憂楼 (ユーロウ) ~Transient Sands~』は1996年にPC98用として、
ハーベストから発売されました。

アダルトゲームでは少ないアクションRPGであり、
また寝取られのインパクトでも話題になった作品でした。

yurou01s.jpg

<感想>


システムはまんまイースタイプのアクションRPGであり、
厳しい人には劣化版イースでしかないのかもだけど、
ヘタレな私には調度良い難易度でしたね。

ゲーム性自体をイースと比べると物足りないのかもしれませんが、
アダルトゲームとしては良く出来ていた部類ではないでしょうか。

イースタイプのA・RPGって昔は多かったけれど、
この頃にはかなり減っていましたしね。
あ~半キャラずらしなんて久しぶりだよ~
って思いながらプレイしたものです。

このゲームにはMIDI音源も使われていたので、サウンドも良かったですね。
当時からかなり評価が高かったと記憶しています。
個人的には、グラフィック及びキャラの可愛さが印象に残りました。

ここまでなら良くて佳作止まりの作品かなって感じですが、
本作はそれだけに止まらなかったわけでして。
何といってもこのゲームの最大の特徴は、「寝取られ」にあるのでしょう。
と言いつつ、細かい内容は忘れちゃったのですが、
キャラがなまじ可愛いかっただけに、
犯られちゃったシーンは当時かなりインパクトがありました。

ゲームとしても十分遊べる寝取られゲーなんて、
探しても滅多にあるもんじゃないですからね。
そう考えると、10年以上経った今でも、
価値は何ら損なわれていないのかもしれません。

最近はアダルトゲームのA・RPGは本当に少ないですからね。
本来アクション系は守備範囲外なのだけれど、
またこうしたゲームがあればやってみたいものです。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト憂楼

関連するタグ PC98 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1276-506a3aaa
| ホームへ戻る |