天使たちの午後5 ~狙われた天使~

天使たちの午後5 ~狙われた天使~

『天使たちの午後5 ~狙われた天使~』は1992年にPC98用として、
ジャストから発売されました。

シリーズの第5弾になります。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

tengogo5-1.jpg

<感想>


一応5作目なのですが、各作品間に繋がりはありませんので、
本作からのプレイでも全く問題はありません。

主人公は舞台監督で、ヒロインは幼馴染の人気ロック歌手。
芸能界が物語の舞台ということで、
ゲームでは比較的見かけないタイプになるかと思います。

そして物語はコンサート会場でヒロイン美紀の弟が殺害され、
その犯人探しをすることになります。
コンサート会場での殺人ということで、
個人的には往年の大傑作『Misty Blue』を思い出しますね。
自然と期待したくもなります。

さて、肝心の中身なのですが、
唯一の見所といいますか、サウンドは設定とマッチしていて、
他のアダルトゲームともちょっと違った雰囲気を醸し出していました。
ここは良かったと思います。

また、設定面もアダルトゲーム全体の中でも少数派でしょうが、
学園ものが多い天午後シリーズの中でも異質な感じでしたね。
だからこそ、個人的には最も期待したシリーズ作品でもあったわけでして。

でもね、ここまでならというか、
設定やサウンドという開始時に最初に入ってくる部分は良いので、
掴みはOKなのですが、その後は正直イマイチでした。

ストーリーは並だし、
グラフィックも少し崩れてる上にHシーンも大人しめに。
このシリーズはある意味Hシーンの過激さがとりえだったのに、
それが弱いんじゃね・・・
操作性も確かマウスに反応しなかったはずで、イマイチでした。
システムはコマンド選択式で、女の子を犯せばゲームオーバーですが、
基本的にはよくあるシステムと言えるでしょう。

記憶が曖昧になってきてるのですが、
従来の天午後シリーズも大したストーリーじゃないのも多かったわけで、
それでも結構楽しめたんですよね。
続編の6も文句はありながらも一気にやりましたし。
本作は他のシリーズ作品よりフラグ立てが面倒で、
それが作品に対する悪い印象につながったのかもしれませんね。

総じて、設定とサウンドから醸し出される雰囲気以外は、
特に見所のない作品でした。

シリーズの4作目まではそれなりに成長していましたし、
本作もキャラデザは好みだっただけに、
ちょっと残念な作品でしたね。

ランク:D(凡作)

PC-9801 5インチソフト 天使たちの午後5 狙われた天使

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/127-8486ad74
| ホームへ戻る |