サイキックディテクティヴシリーズ3 AYA

サイキックディテクティヴシリーズ3 AYA

『サイキックディテクティヴシリーズ3 AYA』は、
1990年にFM-TOWNS等でデータウエストから発売されました。

このゲームはPCエンジンにもメガCDにもwindowsにも移植されてますので、
シリーズの中では案外知名度が高いかもしれませんね。

AYA02.jpg

知る人ぞ知る「サイキックディテクティヴシリーズ」も、
この作品で3作目になります。
1と2は前年の発売でしたが、どちらも傑作かそれに順ずる素晴らしい作品でした。

そのシリーズの続編ってことで、否応無しに期待してしまいますよね。
もっともシリーズ物の3作目って、評価が極端に分かれている印象があります。
本作も良い方に転がれば良かったんですけどね、
残念ながらそうは上手く行きませんでした。
纏まりが欠けているというか、どうにも面白さに欠けているんですよね。

とはいえ、これは前作までが良すぎたので、
それとの比較で物足りないって面も強いです。
単体で見れば十分水準以上じゃないかなって思いますし、
本作ならではの強みも有していました。

即ち、ADVの歴史はある意味ではグラフィックの進化の歴史でもありましたが、
本作はその観点からは外せない1本だったのです。
具体的には、PCでアニメーションと音声の同期を、
初めて成功させた作品だったんですね。

ストーリーが良ければそれだけでも満足できるでしょうが、
同程度のストーリーならば、
グラフィックとサウンドが優れている方が楽しめますからね。
ましてやハードの性能が低い時代でもあったので、
動くししゃべるってだけでも、とても興奮したものです。

一番印象的なのは、痒い女でしょうね。
かゆいかゆいと言って頭を掻いているうちに、
髪が頭皮ごとズルリと向けちゃうんですよね。
凄いんだかホラーなんだか笑えるんだか何だかいろんな感想が錯綜しますが、
とにかくインパクトだけは絶大でした。
あのシーンだけは、間違いなく死ぬまで忘れないでしょう。

おそらく本作をシリーズの中で一番好きって人はほとんどいないでしょう。
ゲーム全体の出来自体は、
シリーズの他作品と比べるとそれ程でもなかったですからね。
でもゲーム全体の出来は別としても、
アニメと音声の同期で業界に技術的に貢献し、
プレイ側には1シーンとはいえ強烈な印象を植え付けることが出来たわけです。
そんなシーンを作り出せただけでも、
作品として成功だったんじゃないでしょうか。
そういう意味ではADV史を振り返る上ではずせない1本でもあり、
十分に名作と言える作品だったように思います。

ランク:A-(名作)

PCエンジンスーパーCDソフト AYA サイキックディテクティヴシリーズ Vol.3

関連するタグ ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1268-01e20871
| ホームへ戻る |