ヴェインドリーム

ヴェインドリーム

『ヴェインドリーム』は1991年にPC98用として、
グローディアから発売されました。

名作『エメラルドドラゴン』に続く、ストーリー重視の作品でしたね。

ゲームジャンル:RPG
vain01.jpg

RPGは80年代のシステムを競っていた時代から、
次第にストーリーや演出で差別化を図る時代に移ります。
その象徴たる作品が個人的には89年の『エメラルドドラゴン』だったわけで、
『ヴェインドリーム』はその流れを受け継いだRPGでした。

ストーリーは今からすればそれ程でもないのかもしれませんが、
ゲーム機のRPGとかを見てみると、
ようやくストーリーらしきものがついた段階でしたから、
相対的にはかなり良く見えた感じでしたね。

そこに加えて綺麗なグラフィックがつくのですから、
そりゃ盛り上がるってものです。
やっぱりこの当時この手のゲームをやるならPCに限ると思ったわけで、
これだけで名作を決定付けたようなものでしょう。

その反対に、システム的に際立った点はなかったのかもしれません。
とは言うものの、タクティカルコンバットであるとか、
接触することで戦闘に突入するシステムであるとか、
仲間との会話システムであるとか、
ことごとく私の好きなタイプのシステムが用いられています。

でもそれらの多くはエメドラから受け継いだもので、
確かにエメドラよりも洗練され完成度は高くなっているのですが、
長所と呼べるほどの新鮮さはなかったように思います。
つまり主観的には好きなのだけれど、
客観的に凄いというわけではないって感じですね。

そういうわけでこの年のストーリー及びグラフィック系RPGの代表格であり、
十分に名作と呼べる内容ではあるのですが、
エメドラ程ではなかったかなというのが個人的な印象ですかね。
いまいちマイナーな作品のようにも思いますが、
遊びやすくもなっていますし良質な作品でした。

ランク:A-(名作)

ヴェインドリーム

関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1267-57c6dae9
| ホームへ戻る |