テラ ファンタスティカ

テラ ファンタスティカ

『テラ ファンタスティカ』は1996年にセガサターン用として、
セガから発売されたS・RPGです。

実に惜しい作品でしたね~
あまりに多くの長所と短所が混在した作品でした。

セガサターンソフト テラファンタスティカ

<感想>


まずはシステム面ですが、
似たようなシステムが多いS・RPGの中にあって、
本作は多くの意欲的な試みがなされていました。
高さや方向だけでなくエラン(鋭気)や視界の概念もあったし、
戦闘パートの合間にある政治パートでは幾つも決める必要がありました。
その選択によって途中の展開も変わっていきましたっけ。
この当時でここまで凝ったシステムのS・RPGはなかったでしょうね。

世界観やストーリーも非常に重厚なものが用意されており、
ロードスで有名な山田章博さんの絵と相まって非常に良く出来ていました。
サターンということで、単純に絵の質もSFCより良かったですしね。

ここまでだとね、もう傑作たる要素は十分すぎるほどなんです。
でも、プレイしてみるとわかるのですが、やっぱ違うんですよね。

システムの拘りようは上記のようにハンパでなく、
この点では『ファイアーエムブレム』も『タクティクスオウガ』も、
問題になりません。

ただね、如何せん不親切なんです。
攻略本でもなければ何が何だかって場面も多々あったり。
それと途中で中断できない仕様なのに、
2時間以上のプレイが必須な場面もあるわけです。
纏まった時間の取れない人はそれだけでクリアができなくなってしまうわけで、
もうその時点でかなり人を選びますよね。

しかも世界観が重厚で本格的なのは良いけれど、結構淡々としています。
山田さんの絵にしてもそうなんですが、
本作はとにかく地味な印象が付きまとっているんです。
良く言えば通向きなんでしょうが、これまた人を選びそうですね。

合う人は凄くはまれる可能性も多分に秘めているけど、
駄目な人はとことん駄目。
本作はそんな作品なんでしょう。
新しいシステムに興味がある人にはオススメとも言えますが、
とにかくプレイできる時間を確保して下さい。
それが最優先の前提でしょうね。

長所もあるけど短所もあるってことで、個人的には良作と判断しておきます。
この年のS・RPGには『聖戦の系譜』なんかもありますが、
誰でも安心して遊べると言う点では『聖戦の系譜』に軍配が挙がるでしょう。
他人に薦めるなら安牌なそっちにします。
でも、私は聖戦の系譜の時点で既にFEには飽きていたんですね。
何かマンネリに感じてしまって。
前年にはタクティクスオウガもありますが、
TOはストーリーが好きなので高く評価していますが、
ゲーム部分は見た目と小手先のマイナーチェンジでしかなく、
正直あまり評価していません。
システム面での新鮮な感覚はこのゲームの方が上で、
そういう意味では私好みのゲームでもありました。
なので96年のS・RPGとしては聖戦よりも楽しめたのですが、
繰り返しますようにとにかく地味で説明不足なんですよね。
まぁ、そこら辺がサターンのゲームらしいのかもしれませんが、
やっぱり勿体無かったですね。
任天堂あたりがこれをリメイクしたら、
すっごく面白いゲームに化けそうなんですけどね。

ランク:B(良作)

セガサターンソフト テラファンタスティカ

関連するタグ セガサターン /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1257-fa01e636
| ホームへ戻る |