DEEP

DEEP

『DEEP』は1999年にWIN用として、
セレンから発売されました。

本作は調教SLG専門だったセレンの、
初の商業作品となります。

DEEP

『ナイトメア』シリーズは、よく買ったものです。
当時のサークル名はエスケープソフトウェアでしたっけ。

近年では同人ゲームの話題作もノベルゲームが多くなりました。
なので、とっさに思い浮かべるのはって聞かれたら、
『月姫』とか『ひぐらしのなく頃に』とかって答える人も多いでしょう。

でも、これをもう少し遡らせて90年代後半で考えた場合、
私がすぐに思い浮かべる同人ゲームは、
何と言っても「ナイトメア」シリーズなんですよね。

知らない人もいると思うので補足しておきますと、
ナイトメアシリーズはアニメキャラを用いた調教SLGで、
特に当時人気があったナデシコのルリルリに似たキャラの作品が人気でした。
この頃の同人ゲームではかなり有名でしたよね。

そのサークルの商業作品の第1弾が、この『DEEP』だったわけです。
今にしてみれば、処女作にしてブランドの最高傑作でもありましたね。

最近ではすっかり調教SLGを作らなくなり、
セレン=調教SLGというイメージのない人もいるかもしれません。
しかし昔から知っている人にとっては、
同人時代の作品らと本作の存在によってセレン=調教SLGなわけでして。
これこそがセレンを象徴する1本だったんですよね。

というわけで商業作品としては処女作品でしたが、
同人時代から積み重ねてきたものがありますからね。
調教SLGのブランドとしては大御所的な、
作品としては集大成的な風格も漂わせていました。

その最たるものが、いわゆるマトリクスシステムになるのでしょう。
これは調教過程をシーンごとに細かく分けて表示したもので、
プレイに目標を付けやすくメリハリを利かせることができました。

次にこのシーンを見ようって感じなので、
発想的にはADVに近いものがありますかね。
なので純粋に数値の上下だけに興味があるような人には、
恩恵は少なかったかもしれません。
とはいえ、育成・調教SLGのシステム面での発展が止まっていた時期だけに、
新しい要素を導入したことは非常に意義があったと思います。

よく3大調教SLGという言葉も聞きます。
そこでは『SEEK』『虜』と並んで本作の名が挙げられますが、
それも十分納得できるのではないでしょうか。

かように、システム面にはとても満足できる作品だったのですが、
その一方でグラフィックは貧弱でしたね。
この辺りは同人時代の名残が残っている感じで、
何とも同人臭みたいなのを漂わせていました。
名作だけど傑作足りえないのは、ここら辺の理由が大きいですね。

何れにしろ、調教SLGに興味のない人はプレイしないでしょうが、
この類の作品に興味のある人は、
絶対に1度は触れてみるべき作品でしょうね。

ランク:A(名作)

DEEP

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ナイトメアシリーズってXPでも動作してくれるんでしょうか?

私が持っているのは3だけで、3は単独ではXPは無理とのことでした。
inst2000を用いれば可能性はあるのかもしれませんが、
ここ数日探してみてパッケージは出てきたものの、肝心のディスクを別の場所に保管したらしく、すぐには見つけられない状況にありますため、確認することができませんでした。
3は99年の発売でしたが、続編の4.1は2000年の発売です。
そのときには既にselenとして商業デビューした後でしたので、時期的にも4.1なら動作する可能性も高そうに思います。
ただ4.1は保有していませんので、申し訳ないですが、分かりかねるという結論になってしまいます。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1253-a0a3618b
| ホームへ戻る |