大航海時代2

大航海時代2

『大航海時代Ⅱ』は1993年にPC98用として、
光栄から発売されました。

ジャンルは一応SLGですが、SLGとRPGの中間的な位置にあることから、
光栄ではリコエイションゲームと名付けていましたね。

PSソフト 大航海時代2

SLGというのは、大概はシステムを楽しむものです。
SLGの続編物には2種類ありまして、
1つはそのシステムに磨きをかけてくる作品です。

もっとも、SLGの中にはキャラクター性の強い作品もあります。
そういう作品の続編の場合、
多くはシステムではなくストーリーを強化してきているように思います。
例えば『キャプテン翼』とか『無人島物語』とか。
本作もまた、そんなストーリー面を強化してきた続編物になります。

SLGのストーリーを強化したっていっても、
しょせんはSLGにすぎず、たかが知れているとも思えるでしょう。
しかし、本作は別格でしたね。

まずは世界設定です。
大航海時代ということで世界を舞台に冒険することになりますが、
冒険と言えば真っ先にRPGが浮かんでくるでしょう。
もっとも当時のRPGは、
馬鹿の一つ覚えのように中世風のファンタジー物ばかりでした。
似たような世界観のRPGだらけな中にあって、
本作のような大航海時代を舞台にした冒険物は、
それだけでも新鮮に感じたものです。
これだけでも高く評価できるでしょう。

でも、本作はそれだけじゃなかったんですよね。
本作は主人公が6人いて、開始時に1人を選べます。
その6人それぞれに異なったメインストーリーが用意されているので、
1度で6本のシナリオを楽しめることができました。

また、選んだ以外の主人公キャラはNPCとして登場してきますので、
ニアミスすることもしばしばあります。
行き交う人々それぞれに物語がある。
1つの世界でいろんな人の思惑が交差する。
それはADVで言えば『街』にも通じる発想ですよね。
ADVでもまだなかった発想をSLGで実現してくるわけですから、
これは大したものです。

もともと自由度の高さが売りの作品でストーリーも面白いわけですから、
面白いのも当然なのかもしれませんね。

その反面、システムに関しては前作のマイナーチェンジに過ぎず、
システム的には目新しさは欠けてた感じでしたね。

もちろん並のRPGなんかよりはるかに自由度は高く、
ゲーム性は高かったと言えるでしょう。
しかし、前作をプレイして本作も何周もしていると、
当然のようにシステムに不満も出てくるわけです。
この辺の問題点は3に持ち越された感じでした。

よくこういうシリーズ物って、
どれから手を出して良いか分からないってのがあります。
数字上は4が最後なのですが、個人的に4は劣化版2にしか思えないわけでして。
私の評価的に一番高いのは3ですが、
3は上級者向けっていうか、システムを極めたい人向けなんですよね。
RPGで言えば、本編終了後のやりこみ用みたいな感じです。
なおかつ初心者への配慮が少ないので、初心者は絶対避けた方が良いです。
そうなると、やっぱり入門用には2が1番良いかなって思います。
機種的にもいろんな機種に移植されていますしね、
購入のしやすさからも本作から始めるべきでしょうね。
それでやってみて楽しかったら次に進むと。
劣化版でも良いから2みたいなストーリーも楽しむ路線がやりたければ、
4が良いでしょう。或いは外伝でも良いですね。
逆にシステムを極めてゲームとしてやり込みたい人は、
間違いなく3が良いでしょう。

まずは本作からということで、
今でもとても価値がある作品と言えるかと思いますね。

ランク:AA-(名作)

PSソフト 大航海時代2

関連するタグ PC98 /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1251-bfffa22c
| ホームへ戻る |