DOKI DOKI CARD LEAGUE (ドキドキカードリーグ)

DOKI DOKI CARD LEAGUE (ドキドキカードリーグ)

『DOKI DOKI CARD LEAGUE(ドキドキカードリーグ)』は、
1990年にPC-88用として、グレイトから発売されました。

ある意味原点とも言える作品になるのでしょうか。

ゲームジャンル:カードバトルSLG

doki2cl02.jpg

グレイトの代表作と言えばレッスルエンジェルスシリーズで、
レッスルエンジェルスと言えばカードバトルです。
本作はそのレッスルに先駆けてカードバトルを導入した野球ゲームで、
このゲームがあったからこそレッスルにも繋がったんでしょうね。

まぁ、グレイトのこの手のゲームの歴史ってのは、
何だかややこしいものでして。

まず、本作がカードバトルを用いた女子野球ゲームなわけですね。
結構ランダム性が強いので好みは分かれるかもしれませんが、
だからこそ先の展開が読めずに盛り上がれたようにも思います。

また、負けると再試合となるのですが、
その場合にはポイントを割り振って育てることもできますので、
地道にやっていけば大丈夫な作りではありました。

で、そのシステムを発展させた女子プロレスゲームが、
グレイトの看板シリーズとしても名高い、
レッスルエンジェルスシリーズになります。

そして、そのレッスルシリーズのキャラを用いて、
もう一度野球のカードリーグをやろうって企画されたのが、
『DokiDokiぷりてぃリーグ』シリーズでした。

更に『DokiDokiぷりてぃリーグ』のキャラを一新して、
PS用に女子野球部員育成恋愛SLGとして作り直されたのが、
『ドキドキプリティリーグ』というわけです。

何だかややこしいですよね。
でも、いずれにしても、
根っこを辿ればこのゲームに行き着くのでしょう。

出来としては、生粋のSLG好きには物足りないでしょうが、
可愛いキャラに珍しい女野球もののゲーム、
それでいてありきたりなシステムではないことから、
個性はハッキリしているし新鮮にプレイできましたからね。
なので、ギリギリ名作としておきます。
古い作品ではありますが、
レッスル系が好きな人は原点として楽しめるのではないでしょうか。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト DOKIDOKIカードリーグ

関連するタグ PC88 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

これは懐かしいですね。
野球ゲームなのにカードゲームというのが
斬新でした。
ファミスタに代表されるように、自分で操作するのが
野球ゲームの基本でしたからね。
レッスルの原点ともいえるこのゲーム、プレイしたのは
レッスルの後からでしたが、かなり楽しんで
遊び倒しました。
こういう野球ゲームもいいものですよね。

>>こげぱんださん
コメントありがとうございます。
私もレッスルシリーズは好きでしたが、私以上にレッスルシリーズを愛するこげぱんださんならきっとプレイしているだろうと思っていました。
>ファミスタに代表されるように、自分で操作するのが 野球ゲームの基本でしたからね。
そうなんですよね。
アクション系がほとんどなだけに、こういう切り口もあるんだなと、とても新鮮に感じました。
もっとも、私もレッスルが先で、プレイはこっちの方が後でした。
でも、それでもまた違った雰囲気があって、とても楽しかったです。
こういうノリのゲームはあまりないので、たまにやりたくなりますね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/125-401c6a98
| ホームへ戻る |